class of 2016:ケンタッキー大インサイドの要、バム・アデバヨ。


ジョン・カリパリのヘッドコーチ就任以来、反則的なリクルートで好成績を残すケンタッキー大。
昨季はインサイドの主軸として期待されたスカル・レビシエールが不発。
NCAAトーナメントも1回戦敗退と低迷しました。
今季もフレッシュマンのリクルートは素晴らしくESPNのclass of 2016のリクルートランキングではデューク大を抑え1位。
カレッジバスケの主役の1つとなること間違いないでしょう。

ケンタッキー大復権のカギとなるのが昨季低調だったインサイド。
今季はclass of 2016トップクラスのPFバム・アデバヨの獲得に成功。
アデバヨには1年目からインサイドの主軸としての活躍が期待されます。



バム・アデバヨ

ポジション:PF/C
身長(裸足):205.1cm
体重:110.2kg
ウイングスパン:220.3cm

長所

・強靭な肉体
・高い身体能力
・リバウンドに強い

短所

・まだまだ粗削りでスキル不足
・プレーエリアが狭い


身体能力の高さとパワーを武器にインサイドを制圧するアデバヨ。
マクドナルドオールアメリカンでは16得点12リバウンドを記録し、インサイドでの支配力はこの学年屈指です。
ウイングスパンも長く彼の身体能力の高さを考えても、カレッジ・NBAでPF・Cの両ポジションを十分に務めることが出来るでしょう。

彼のあだ名となっている"Bam"ですが、幼い時から怪力ぶりを発揮していたアデバヨを見て、彼の母がアニメフリントストーンに出てくる怪力の赤ん坊"Bamm-Bamm Rubble"から付けたとのこと。

技術はまだまだ粗削りでプレーエリアも限られますが、ハンドリングやシューティングにもセンスを見せ、今後向上の可能性も十分にあるでしょう。
流行りのオールラウンダータイプの選手にはなりそうにありませんが、圧倒的なパワーと身体能力でカレッジレベルでは即戦力の選手となるでしょう。
まだまだ身体能力に頼ることの多い選手でもあり、自分より重くパワーのあるインサイドプレーヤーやサイズで上回る相手には苦労をしそうです。

class of 2016のケンタッキー大新入生には、ディアーロン・フォックス、マリック・モンクが揃い、アウトサイドのタレントはカレッジでも屈指のレベル。
一方でインサイドの選手層は手薄で、ケンタッキー大がチームとして好成績を残すためには、アデバヨの奮起が必要となるでしょう。

コメント

人気の投稿