ベン・シモンズ、ルーキーで唯一のラスベガスサマーリーグファーストチームに選出。

(Stephen R. Sylvanie-USA TODAY Sports)

ドラフト1位でフィラデルフィア76ersに入団したルーキー、ベン・シモンズ。
“レブロン・ジェームズ以来の逸材”として鳴り物入りでNBA入り。
オーランドとラスベガスの2つのサマーリーグに出場し、計6試合で10.8得点7.7リバウンド5.5アシストとオールラウンドな数字を残し、ルーキーとしては唯一ラスベガスサマーリーグのファーストチームに選出された。

ルーキーとしてはジェイレン・ブラウン、タイラー・ユリス、ソン・メイカーの3人がラスベガスサマーリーグセカンドチームに選出された。
MVPにはミネソタティンバーウルブズの2年目PGタイアス・ジョーンズが選出された。




ベン・シモンズ

大学:ルイジアナ州立大
ポジション:PF/SF
身長(裸足):205.7cm
体重:108.9kg
体脂肪率:7.9%
ウイングスパン:214cm
スタンディングリーチ:275.6cm
垂直跳び(助走なし):94cm
垂直跳び(助走あり):105.4cm
最高到達点:381cm

ベン・シモンズ、サマーリーグファーストチームに選出。



スタッツ:28.8分10.8点7.7リバウンド5.5アシスト1.0スティール0.5ブロック3.83ターンオーバー
            FG32.2%3PT0%FT64.3%

FG32.2%と得点面では苦しんだ印象・
大学時代はインサイドでの得点が多かったが、サマーリーグではドライブやジャンパーで得点を挙げた。
ミッドレンジジャンパーを安定して決めることが出来るかどうかがレギュラーシーズンの1つのカギとなりそう。
FTも64.3%とやはりシューティングにはまだまだ難あり。
3PTも6試合でアテンプトが1本成功0本に終わった。

一方でアシストでは平均5.5アシストとインサイドの選手としてはNBAでもトップレベルであろうパスセンスを見せつけた。
視野の広さだけでなく、ピンポイントで正確にパスを通す技術も非常に高い。
パスを出す前のフェイクも上手く、幾度もディフェンスを欺いた。

レブロン・ジェームズと比較される選手だが、レブロン程のスコアリングの意識は無く、視野やパスセンス、ゲームコントロールはルーキー時のレブロンを上回る。
パスセンスは突出しており、ポイントフォワードとしてルーキーシーズンからトリプルダブルを複数回達成する可能性も高く、逸材であることは間違いない。


コメント

人気の投稿