八村塁、米大手NBAドラフト予想サイトで2018ドラフト指名予想入り。全体8位指名と高順位での指名予想。

(nbadraft.net)
今秋からゴンザガ大に入学する日本人バスケットボール選手八村塁。
日本では3年連続ウィンターカップ制覇など華々しい活躍をし、2014年のU-17世界選手権では大会得点王にも輝くなど、将来を嘱望されている。

先日大手NBAドラフト予想サイトnbadraft.netが2018NBAドラフトの指名予想を公開。
そこで八村は1巡目8位指名予想と高評価を受ける。
前後に並ぶ名前は超有名選手ばかり。
現地メディアからも八村のNBA入りはただの夢ではなく、現実的なものとして見られているようだ。

八村塁、2018モックドラフトで8位指名予想

                                (nbadraft.net)

八村塁が米大手ドラフト指名予想サイトnbadraft.netで超有名選手と並び、2018年ドラフトのモックドラフト入り。
このサイトの予想では八村は2年生終了時にアーリーエントリーをし、ドラフトで高順位指名を受ける実力があると見られている。
2017年のドラフト候補選手としても32位にランキングされており、卒業を待たずアーリーエントリーでのNBA入りするだけの選手と評価を受けている様だ。

一方気になるのは八村のポジション。
NBAでのポジション予想はSG/SFとされている。
日本人としては驚異的な身体能力を誇った八村だが、現地メディアから見ても、NBAでSGやSFでプレーするだけの素養があると見られているということだろう。
SG/SFでのプレーが可能となれば、215センチと言われる八村のウイングスパンは攻守両面で大きな強みとなるだろう。

まだ大学の1年目のシーズンも始まっていないが、これからのアメリカでの八村の活躍に注目が集まる。
日本人初のドラフト1巡目指名も夢ではないのかもしれない。

コメント

人気の投稿