ソン・メイカー、サマーリーグ2試合目も17点17リバウンドのダブルダブル。

(jsonline.com)
ミルウォーキーバックスのルーキー、ソン・メイカー。
大学、プロでの経験が無く素材型の選手と見られていたが、サマーリーグの初戦では15点13リバウンドの活躍を見せた。

サマーリーグ2戦目、対Dリーグ選抜戦でも17得点17リバウンド2ブロックの大暴れ。
トップからの3PTシュートも沈めるなどシュートレンジの広さも見せ、更なる可能性を感じさせた。


ソン・メイカー


ポジション:PF/C
身長(裸足):212.7cm(コンバイン参加選手中3位)
体重:98kg
体脂肪率:6.1%
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:280.7cm(コンバイン参加選手中2位)
垂直跳び(助走なし):81.3cm
垂直跳び(助走あり):92.7cm
最高到達点:373.4cm(コンバイン参加選手中1位)


ソン・メイカー2戦連続のダブルダブル。




スタッツ:32分47秒17点17リバウンド2ブロック2ターンオーバー
            FG7/15 3PT1/4 FT2/4

インサイドの選手としては幅は無いが、跳躍力と機動力は非常に高い。
ピックアンドロールでは破壊力が高い。
良いアシストを供給できるガードいれば、シーズン中も何度もピックアンドロールからのアリウープを見ることが出来そう。

この試合では確率こそ1/4だったが3PTも1本成功。
成功率を安定させる必要はあるが、ストレッチ4としての素養は高い。

また、驚異的な機動力と高さでこの試合でも2ブロックを記録。
ディフェンスにおいてもオフェンスの脅威となっている。

線が細く、高いレベルでの経験が無いため、外れの可能性も高いと見られていたメイカーだが、その予想を覆し、2試合連続で高いパフォーマンスを発揮した。

コメント

人気の投稿