グレイソン・アレンがイーロン大戦でのテクニカルファウルで無期限の出場停止へ。

「grayson allen suspended」の画像検索結果

デューク大の3年生ガード、グレイソン・アレン。
1年生でNCAAトーナメントFINAL4で活躍し、デューク大のNCAAトーナメント制覇に大きく貢献。
2年生の昨季はデューク大のエースとしてデューク大を牽引した。
今季開幕前は大学最優秀選手賞候補の筆頭に名前が上げられていた。

12月22日の対イーロン大戦の前半、マッチアップしていたスティーブン・サンタアナに対して足をかけて転ばせたとして、テクニカルファールをコールされた。
過去にも2度マッチアップ相手に足をかけたことがあるアレン。
昨季の対ルイビル大戦ではフレグラントファールも取られた。

今回のテクニカルファールを受け、デューク大のHCであるコーチKは、アレンの無期限出場停止を判断した。



グレイソン・アレン3度目の“Tripping”で無期限出場停止へ



アレンが足をかけてファールを吹かれるのは昨季から3度目。
昨シーズンは対フロリダ州立大戦、ルイビル大戦で足をかけ物議をかもした。

試合後、コーチKはアレンのファールを
“許容の出来ないこと”
と声明を発表し、アレンの無期限出場停止が決定された。

出場停止期間については
“3試合かもしれいないし、2週間かもしれない。全ての状況が良くなったと私が判断するまで、彼の出場は無い。それがコーチとして、若者の指導者としての責任だ。”
とのこと。

1年生次にはエモーショナルなプレーでチームに火を付け、NCAAトーナメント優勝に大きく貢献したアレン。
時に感情を表に出してプレーすることが彼の魅力の1つであることは間違いないが、今回は少し行き過ぎてしまった様だ。

コメント

人気の投稿