2017ドラフト1位指名候補のマーケル・フルツがキャリアハイの37得点。ワシントン大の連敗を止める。

(pac-12.com)

近年多くの有望な人材をNBAに送り込むワシントン大。
昨年も1年生だった、マーキス・クリス(フェニックスサンズ)とデジョンテ・マレー(サンアントニオスパーズ)が揃って1巡目で指名を受けた。

今季もワシントン大にはNBA候補が在籍している。
ワシントン大のフレッシュマンPGのマーケル・フルツはシーズン開幕前から2017年のNBAドラフト1位指名候補に挙げられてきた。

1月18日の対コロラド大戦でフルツはキャリアハイの37得点を記録。
対カリフォルニア大戦、対スタンフォード大戦と2連敗中だったワシントン大は延長の末コロラド大に85-83で勝利。
フルツの活躍で連敗からの脱出に成功した。



マーケル・フルツ


ポジション:PG
身長(靴込):191.8cm
体重:83.9kg
ウイングスパン:207.6cm
スタンディングリーチ:257.8cm

フルツは期待通りの活躍もチームは低迷。


シーズン開幕前に2017年のドラフト1位指名候補筆頭に挙げられたフルツ。
期待に違わぬ活躍を見せており、ここまで平均23.1得点5.8リバウンド6.2リバウンドを記録。
内外どこからでも得点を取ることが出来、得点パターンも多彩。
ディフェンスでも1.4スティール1.7ブロックと申し分無し。
強いて弱点を上げるとすれば7割を切るフリースローと3.0個のターンオーバー。
ターンオーバーに関して言えば、フロアリーダーとスコアラーの2つの役割をこなしているのである程度は致し方ないところか。

フルツの期待通りの活躍にも関わらずワシントン大はここまで9勝9敗と低迷。
コロラド戦での勝利で何とか勝率を5割に引き戻したが、カンファレンスゲームでも2勝4敗と負け越しており、既にNCAAトーナメントへの出場は絶望的。
唯一の希望はカンファレンストーナメントでの優勝だが、アリゾナ大、オレゴン大、UCLAと強豪校ひしめくPac-12を制するのは至難の業。
その為にはフルツの記録的なパフォーマンスが必要となるだろう。

昨年ドラフト1指名を受けたLSU出身のベン・シモンズもチームをNCAAトーナメントに導くことは出来なかった。
フルツが今年のドラフトで1位指名を受ければ2年連続でのNCAAトーナメント不出場選手が1位指名ということとなる。

ワシントン大には来季も2018年のNBAドラフト上位指名候補のマイケル・ポーターJrが入学予定。
フルツももう1年カレッジに残ればポーターとNCAAトーナメント上位進出を狙うことも出来るのだが、その可能性はほぼゼロに近いだろう。

コメント

人気の投稿