2017-2018シーズン注目のフレッシュマン:オレゴン大のトロイ・ブラウンJr


カレッジバスケシーズンの開幕も間近となってきたので、そろそろシーズン予習も兼ねて今季注目のフレッシュマンをおさらいしておこうかなと思います。
今回はオレゴン大に進学するトロイ・ブラウンJr。

ESPNランキング15位にランクされ、マクドナルドオールアメリカンやジョーダンブランドクラシックのメンバーにも選出。
世代別アメリカ代表にも選出され、2016年のU17世界選手権に出場。
7試合全試合にスタメン出場し、チームの世界制覇に大きく貢献。

両親共にカレッジでスポーツチーム(父:バスケ/母:陸上)でプレーし、姉はカンザス大の女子バスケットボールチームでプレーするアスリート一家の生まれでもあります。


トロイ・ブラウンJr

ポジション:SF
身長(靴込):199.4cm
体重:95.3kg
ウイングスパン:208.3cm


オレゴン大の命運を握るポイントフォワード

昨年1939年以来となるNCAAトーナメントFinal4進出を果たしたオレゴン大。
昨年のエース、ディロン・ブルックスを始め、昨季の平均得点上位5人全てが卒業やアーリーエントリーでチームを去りました。
主力がごっそり抜けたオレゴン大にとって、今季は試練のシーズンとなります。

今季のオレゴン大の命運を握る選手となるのがブラウン。
ポジションはフォワードですが、学年屈指の視野の広さとパスセンスを見せるポイントフォワード。
アシストのセンスは抜群で、日本人受けするプレースタイルの持ち主。
上手く成長すれば、シカゴブルズのデンゼル・バレンタインの様になりそう。
高校最終学年では平均22得点10リバウンド4アシストを記録し、マクドナルドオールアメリカンでも12得点7リバウンドを上げたエリートプレーヤーです。

戦力ダウンこそ大きいですが、オレゴン大は昨季平均65.8失点と強固なディフェンスを誇ったチーム。
昨季同様の堅牢なディフェンスを構築できれば、6年連続でのNCAAトーナメント出場を達成できるでしょう。
今季入学のフレッシュマンにはブラウンの他にも、今夏のU19世界選手権でカナダの優勝に大きく貢献したフォワードのアブ・キジャブもおり、能力の高い選手を昨季から主力を務めるガードのペイトン・プリチャードとブラウンが上手く操ることが出来れば、オフェンス面も何とかなりそうです。

既に来季のドラフトでの1巡目指名が予想されるブラウン。
外角シュートが課題とされますが、U17世界選手権では94.4%という驚異的なFT成功率を残しており、シューティングセンスは問題なし。
外角が安定すればone and doneでの1巡目指名も十分あり得ますが、折角名門のオレゴン大に進学したのであれば、2~3年はカレッジに残ってほしい所です。

コメント

人気の投稿