ラメロ・ボール部活やめるってよ。


SNS時代が生んだ高校バスケ界のスーパースター、ラメロ・ボール。
ロサンゼルスレイカースでプレーするロンゾ・ボールを長男とする、ボール三兄弟の末弟でもあります。
三兄弟の父であるラヴァー・ボールがラメロを高校のバスケットボールチームではプレーさせず、自身がコーチとして育てることを表明し、ラメロの高校バスケットボールは終わりを迎えることとなりました。

今年からジュニアに進級したラメロ・ボールは高校にも通うことなく、Home Schooling(ホームスクーリング)で大学入学に備える様です。
ラヴァーは"(ラメロを)史上最高の選手に育てる"とコメントしています。



引き金は父ラヴァーと新HCとの対立

これまでも歯に衣着せぬ発言で注目を集めてきたラヴァー・ボール。
過去には、三兄弟の通うChino Hills High School(チノヒルズ)のHCに対して批判的なコメントを残して来ています。
昨季チノヒルズのHCを務めたステファン・ギランは、ラヴァー氏との確執により、僅か1年でチノヒルズのHCを解雇されています。

ギランの解雇に伴い、今季から新HCに就任したのがデニス・ラティモア。
ラティモアのラメロへの指導方針を巡ってラヴァーとラティモアが対立。
シーズン開幕を前にして、ラヴァーはラメロを高校のバスケットボールチームから撤退させることを決めました。

大学入学予定の2019年までは、ラヴァーがラメロを指導するとのこと。
その間は高校にも通わず、ラメロはホームスクーリングを受ける様です。

ホームスクーリングは進学に問題なし

高校にも通わず、ホームスクリーングを選択したラメロですが、大学進学には問題はない様です。
今年ミズーリ大に進学したマイケル・ポーターJrとジョンテイ・ポーターのポーター兄弟。
彼らも昨季はホームスクーリングで自宅学習をしながらNathan Hale High Schoolでプレーしていました。

弟のジョンテイは学年変更をし、2018年の予定だった大学進学を1年早め、兄と共にミズーリ大に進学。
ホームスクリーングによって、よりレベルの高い教育を受けることも可能な様ですので、大学進学だけでなく、ラメロも努力次第では進学を早める可能性も。

次にラメロの試合が見られるのは来年の春

高校のチームでプレーをしないことを選択したラメロですが、ラヴァーがHCを務めるAAUチームBig Baller Brandではプレーすると見られています。
その為、次にラメロがプレーする試合を見られるのは来年春のAAUシーズンとなりそうです。

私はラメロ・ボールのファンなので、彼のプレーが見られなくなるのは寂しい限り。
同学年で彼以上の実績を残してきた選手は他にはいませんし、賛否両論別れるプレーヤーですが、彼の将来の活躍を信じてやみません。
今回の選択が彼の将来にプラスに働くことを願っています。

コメント

人気の投稿