あの頃君は。トップフレッシュマンの中学時代。


公式のチーム練習も始まり、カレッジシーズンも間もなく開幕を迎えます。
今年新入生としてカレッジに入学した学年がclass of 2017。
タレント豊かな大型選手が多く、将来性の高い選手が揃います。

ふと気になったのが、彼等が幼かった頃はどんなプレーヤーだったのかということ。
有難いことに、トップ選手達であれば、中学時代から注目を集めていた選手も多く、ハイライト動画が残っていることが結構あります。

カレッジシーズンの開幕前に、注目フレッシュマンが中学時代にどんなプレーをしていたのか見てみましょう。


マクドナルドオールアメリカンの中学時代


今年マクドナルドオールアメリカンに選出された選手達の中学時代のハイライト。
当時から既に身体的に突出し他を圧倒している選手もいれば、まだまだ身体が成長段階の選手も。

トップで出てくるディアンドレ・エイトン(アリゾナ大)はサイズ、身体能力が群を抜いて高いですね。
この動画当時のエイトンは8年生のはず。
エイトンはバスケを始めたのは6年生頃なので、バスケを始めて2年足らずでこのプレーが出来るエイトンはやはり恐ろしい素材です。

ケビン・ノックス(ケンタッキー大)やマイケル・ポーターJr(ミズーリ大)は共に高校で10センチ以上身長を伸ばした選手。
中学時点ではまだまだ成長段階。
ノックスに関しては技術も未熟な様で、高校での劇的な成長が伺えます。
ポーターは当時から学年トップクラスのウイングと評されており、その選手が高校で身長を大きく伸ばしたのだから、現在の学年トップ評価も納得です。

クアデ・グリーン(ケンタッキー大)とトレボン・デュバル(デューク大)のガード陣は、中学時点で顔の感じも含めて身体的には既にほぼほぼ完成されている感じ。
デュバルはこの頃から身体能力が高く、軽々とダンクも披露しています。

特に目を引いたのがジャレッド・ヴァンダービルト(ケンタッキー大)のプレー。
機動力とハンドリングに優れるコンボフォワードですが、中学時点で既にハンドリングがキレキレ。
アウトサイドの精度が上がってくればと思うと恐ろしい選手です。
怪我でシーズン開幕には出遅れてしまいますが、カレッジでのプレーが楽しみな1人。

マービン・バグリー(デューク大)の中学時代


学年変更で1年早くデューク大に進学し、大きな注目を集めたマービン・バグリー。
彼も今年のフレッシュマンに成ったので、中学時代のハイライトを貼っておきます。
7年生時点で身体能力・技術共に非凡なセンスと完成度を見せています。
中学時代のプレーを見ると、高校で少し"伸び悩んだ"気もします。
名将コーチKの下でどんな成長を見せてくれるでしょうか。

高校だけでなく、中学でのプレーも見ておくと、成長遍歴が見えてプレーヤーへの愛着が一層高まりそう。
今年もEmoni Batesが13歳で既にYouTube上に多くのハイライトがアップロードされ高い注目を集めていますし、原石探しをしてみても楽しいのではないでしょうか。

コメント

人気の投稿