NBAドラフト2018:ジャレン・ジャクソンJrをマイルズ・ターナーと比較。

カレッジ屈指の強豪校ミシガン州立大(MSU)でフレッシュマンながら、インサイドの主力として活躍したジャレン・ジャクソンJr。
機動力の高さと豊富な運動量を誇り、長いウイングスパンを駆使し主にディフェンスやリバウンドで存在感を発揮。
高精度のアウトサイドを備え、オフェンスでも相手ディフェンスの脅威となりました。

NBA選手の比較対象として上がるのは、インディアナペイサーズのマイルズ・ターナー。
ジャクソンの身体測定結果、カレッジのスタッツをターナーと比較してみます。

ジャレン・ジャクソンJr


マイルズ・ターナー


身体測定結果比較

ジャレン・ジャクソンJr マイルズ・ターナー
身長(裸足) 207.6cm 207.6cm
体重 107kg 108.2kg
体脂肪率 7.2% 9.30%
WS 226.7cm 223.5cm
SR 279.4cm 284.5cm
※WS=ウイングスパン、SR=スタンディングリーチ

身体測定結果が酷似しているジャクソンとターナー。
ターナーの方が少々体脂肪率は高め。
ジャクソン、ターナー共に素晴らしいウイングスパン、スタンディングリーチを記録していますが、その中でもジャクソンがウイングスパン、ターナーがスタンディングリーチに秀でています。

ターナー同様、ジャクソンもNBAで優れたディフェンシブプレーヤーになれる資質を備えていると言えるでしょう。

スタッツ比較

ジャレン・ジャクソンJr マイルズ・ターナー
MPG 21.8 22.2
PPG 10.9 10.1
RPG 5.8 6.5
APG 1.1 0.6
BPG 3 2.6
SPG 0.6 0.3
FG% 51.3% 45.5%
3PT% 39.6% 27.4%
FT% 79.7% 83.9%
ターナーもジャクソン同様にテキサス大から1年でアーリーエントリーし、NBA入り。
タレント揃いの今季のMSUと当時のテキサス大のチーム事情の違いはありますが、ジャクソンとターナーのスタッツは同等。
FG成功率、3PT成功率はターナーが劣りますが、FT成功率は83.9%と高水準。
ジャクソン、ターナー共にフレッシュマンとしては優秀なシュート力を備えたビッグマンであることは間違いありません。

また、2人共長いウイングスパンと優れた身体能力を武器にカレッジでは有数のディフェンシブプレーヤーとして君臨。
僅か22分前後の出場時間でジャクソンは3ブロック、ターナーは2.6ブロックを記録しています。

ビッグマントップのシュート力とディフェンス力が売りのジャクソン

今ドラフトで上位指名候補と目されるビッグマンの中では、最も安定したシュート力を誇るジャクソン。
秀でた身体的資質を武器に、カンファレンスの最優秀ディフェンシブプレーヤーにも選出されており、NBAレベルでもディフェンスで貢献出来るプレーヤーとなるでしょう。

また、今年の9月15日で19歳になるジャクソンは、今ドラフトの中でも若い選手であり、今後の成長にも大きな期待がかかります。

比較対象となったターナーも若くしてチームのコアとなった選手ですが、ジャクソンもアウトサイドシュートとディフェンスで早くからNBAで存在感を発揮することが期待されるビッグマンです。

コメント

人気の投稿