2018-2019シーズン注目フレッシュマン:カンザス大クエンティン・グライムス

昨季NCAAトーナメントでFinal4進出を果たしたカンザス大。
主力のデボンテ・グレアム、Svi、マリク・ニューマンは卒業やアーリーエントリーでチームを去りましたが、中心選手の残留、有望新入生の獲得に加え、有力転校生がプレーが可能となる今季は、昨季以上に充実した戦力が揃います。

その中でも特に注目なのがクエンティン・グライムス。
マクドナルドオールアメリカンや世代別USA代表にも選出される、この学年屈指のコンボガード。
先日のU18アメリカ大陸選手権では、USAの優勝に大きく貢献し、大会MVPにも選出されています。


クエンティン・グライムス

大学:カンザス大
学年:フレッシュマン
ポジション:SG/PG
身長(裸足):193cm
体重:93kg
ウイングスパン:200.7cm
スタンディングリーチ:254cm


テキサス州のThe Woodlands College Park High School出身のグライムス。
テキサス州のGatorade State Player of the Yearやマクドナルドオールアメリカン、U18USA代表に選出された世代を代表する選手の1人。
ケンタッキー大、テキサス大、マーケット大など、名だたる強豪校からオファーを受ける中、カンザス大を進路に選びました。
彼の兄はプロアイスホッケー選手としてNHLでプレーしており、グライムスがNBAでプレーすることとなれば、NBAとNHLでプレーする史上初の兄弟選手となります。

スキルセットは勿論、NBAでコンボガードとしてプレーするだけのサイズ、ウイングスパンを備えており、身体的にも有望。
切れ味鋭いクロスオーバーや、推進力の高いドライブでディフェンスを切り裂き得点を重ねます。
ストレートラインドライブの威力には目を見張るものがありますが、方向転換の上手さを身に付ければより危険な選手となるでしょう。

U18アメリカ選手権では、平均23.1分の出場時間で14.7得点4.0リバウンド3.8アシスト1.7スティールとオールラウンドな活躍を見せました。
一方で3PT成功率が1/4.2で成功率24%とアウトサイドは絶不調。
アウトサイドが高確率で安定すれば、カレッジレベルでも止めることは難しい選手ですので、アウトサイドの精度が彼の活躍の1つのカギとなりそうです。

今季のカンザス大は2チームに分けてもそれぞれでElite8が狙える程の充実した選手層を誇るチーム。
PGにも、カリフォルニア大からの転校生で2016-2017シーズンにはフレッシュマンながら12.2得点3.5アシストを記録したチャーリー・ムーア、フレッシュマンでマクドナルドオールアメリカンにも選出されたデボン・ドットソンの2人がおり、グライムスが主にSGポジションでプレーすることとなるでしょう。
エースとして、カンザス大を2年連続のFinal4進出、そして2008年以来のNCAAトーナメント制覇に導くことが出来れば、自ずとグライムスのドラフト評価も高まるでしょう。

カレッジでも評価を伸ばすタイプだなと目を付けている推しメンの1人。
ウイングが豊富なこの学年の中でも、コンボガードとしてはグライムスがトップの逸材です。
来年のドラフトでも10位内、上手く行けば5位前後まで評価を上げると予想しています。



コメント

人気の投稿