アメリカ高校バスケ:オーストラリアのネクストKG、ソン・メイカー。



数年前からネクストKGとしての注目を集めてきたThon Maker.
スーダンで生まれ、オーストラリアで育ったMakerは2011年ごろからアメリカでも注目される様になった。
現在はカナダにあるアスリートインスティテュートでプレーをしており、2016年秋からカレッジへ進学の予定。
彼の魅力は7フッターのサイズに似つかわしくない機動性とスキル。
リバウンドを取ってからのコーストトゥーコーストもお手の物。

彼がyoutube上で話題になったころ、正直言って彼がそこまでの選手には見えなかった。
理由はその細さとどこかぎこちない彼の動き。
彼を始めて見たこの動画では特にそれが際立っていた。


世界中の有望な高校生が集まる昨年のナイキフープサミットでも
約14分の出場で2得点10リバウンドとオフェンスでは目立った活躍が出来なかった。
この選手がNBAで活躍するような選手に成長するとは到底思えなかった。

しかし、最新のハイライトではかなり身体が仕上がっている。
動きも以前より明らかにスムーズになった。
2015年に大学進学予定だったのを1年延期しプレップスクールで準備をした成果が出ている。


増量したおかげでKGとは印象が少し離れた感は否めないが、間違いなく今年のトップ高校生の1人。
才能に身体が追い付き、正にモンスターになってきた。

それにしても最近のオーストラリアはベン・シモンズと言い、凄い選手を続けざまに排出している。
オーストラリアも世界のバスケ強豪国の仲間入りか。

コメント