八村塁進学予定校。ゴンザガ大2戦連続のアップセット。



NCAAトーナメントミッドウェストリージョン2回戦。
第11シードのゴンザガ大は第3シードのユタ大と対戦。
ゴンザガ大は八村塁の進学予定校。
主力のカイル・ウィルシャーとドマンタス・サボニスは共にNBA候補。
ユタ大にもNBAドラフト上位指名が予想されるジェイコブ・ポエルテルがいる。
試合は戦前予想を覆し、前半からゴンザガ大が圧倒。
82-59でゴンザガ大が圧勝。
1回戦に続き、上位シードを破るアップセットを見せた。

ドマンタス・サボニス、インサイドを制圧。


ゴンザガ大の2年生フォワードでNBAドラフト候補のドマンタス・サボニスは、同じくドラフト候補のユタ大2年生センター、ジェイコブ・ポエルテルとマッチアップ。
多彩なフットワークや、外角のシュートで軽々と得点を重ね19得点。
ディフェンスでも10リバウンドとダブルダブルの活躍。
一方のポエルテルは5得点4リバウンドと沈黙。
出場時間も24分にとどまった。
エースの差が勝敗を分ける形となった。

ユタ大は2年生フォワード、クズマの15得点がチーム最多得点。
一方ゴンザガ大は4年生フォワードのウィルシャーが17得点、4年生ガードのマクリーンが22得点と上級生がチームの勝利に貢献した。

ゴンザガ大は次戦で共にアップセットで勝ち上がった、シラキュース大とミッドテネシー大の勝者と対戦する。

コメント