シラキュース大16点差をひっくり返しFINAL4へ。


NCAAトーナメントミッドウェストリージョン地区決勝。
第1シードのヴァージニア大と第10シードから勝ち上がったシラキュース大の対戦。
試合はヴァージニア大が先行し、前半終了時には35-21と14点のリードを奪う。
後半開始早々にアンソニー・ギルがダンクを決めて37-21と16点差。
試合は決まったかに思われた。
しかし、シラキュース大がフリースローなどでじりじりと差を詰める。
ヴァージニア大も意地を見せ、残り10:04には51-37と再度14点差に。
そこからシラキュース大がマラチ・リチャードソンを中心に猛攻を開始。
残り5:51にリチャードソンのレイアップで59-58と逆転すると、ヴァージニア大に逆転を許さず、FINAL4への切符を手にした。

1年生ガードが勢いを付ける。

後半残り10:04で14点差を追いかけるシラキュース大。
そこからの猛攻を率いたのは1年生ガードのマラチ・リチャードソンだった。
残り3:27までの約6分半だけで2本の3PTを含む14得点を記録。
逆転のレイアップから7連続得点を見せ、ヴァージニア大を突き放した。

一方ヴァージニア大のエース、マルコム・ブログドンは7リバウンド、7アシストとオールラウンドに活躍したが、肝心の得点はFG2/14で12得点。
チームを勝利に導くことは出来なかった。

シラキュース大はマイケル・カーター・ウィリアムス等を擁した2013年以来のFINAL4。
カーメロ・アンソニーを擁した2003年以来のNCAA王者を目指す。

コメント