GWU、A-10トーナメント準々決勝で敗退。渡邊雄太も6得点と沈黙。



3月11日に行われたA-10 トーナメント準々決勝でGWUはセントジョセフス大と対戦。
前半49-35と大量リードで折り返すも、後半は31-51と逆転され、A-10トーナメント準々決勝で敗退。
NCAAトーナメントへの出場の望みは絶望的。
NITトーナメントへの選出を待つことになる。

ここ2試合は好調を続けていた渡邊雄太も6得点と沈黙。
3PTを2本決めたものの、チームを勝利に導くことは出来なかった。
今年のGWUは下級生から主力として活躍してきた選手が最上級生となり、躍進を期待されたチームだった。
前半は強豪ヴァージニア大を破るなど快進撃を見せたが、後半に失速した。
主力がごっそり抜ける来季は入学以降主力として活躍してきた渡邊の成長と活躍が期待される。

コメント