グレイソン・アレン、ドラフトエントリーせず。


名門デューク大のエース、グレイソン・アレン。
1年生次には全米制覇に大きく貢献し、今季はACCのファーストチームにも選出された。
今やカレッジバスケのトップ選手の1人となったアレンだが、NBAドラフトには申請せず、3年生としてのシーズンを過ごすことを決めた。

来季のデューク大

ドラフトに進む1年生のブランドン・イングラムと卒業する4年生のマーシャル・プラムリーが抜けるデューク大。
来季もリクルートは素晴らしく、全米TOP3評価を受ける、ジェイソン・テイタムとハリー・ジャイルズの2名が加入する。
共に1年生のルーク・ケンナード、チェイス・ジーターなど、来季成長を期待される下級生もおり、ベンチ層は全米トップクラス。
2015年以来の全米制覇が期待される

コメント