デューク大アミール・ジェファーソン5年目のシーズンへ。



デューク大の4年生でパワーフォワードのアミール・ジェファーソン。
3年生次にはデューク大の全米制覇に大きく貢献した。

4年目の昨季もシーズン途中までキャリアハイの平均11.4得点10.3リバウンドの成績を残していた。
しかし脚を故障し、9試合の出場のみでシーズン終了。

昨季がレッドシャツ(欠場)扱いが認められ、デューク大で5年目のシーズンを迎えることとなった。


アミール・ジェファーソン

ジェファーソンは身長206センチのフォワードで、インサイドのディフェンス、リバウンドでチームに貢献する。
来季は下級生主体となるインサイドでリーダーシップを発揮することが期待されている。
近年下級生主体の布陣が続くデュークにおいて、上級生の活躍やリーダーシップは、シーズンの行く末を左右する重要な要素になるだろう。

ジェファーソンの出場が認められたことは、デューク大にとって大きなプラスとなることは間違いない。

コメント