ウッデンアワードはバディー・ヒールドへ。



カレッジ最優秀選手に贈られるウッデンアワード。
今季のウッデンアワードはオクラホマ大の4年生、バディー・ヒールドに贈られた。
ヒールドとウッデンアワードを争ったのはミシガン州立大のデンゼル・ヴァレンタイン。
ヴァレンタインもNCAAがアシストを記録し始めて以来初となる平均19得点7リバウンド7アシスト以上を残した。
ヴァレンタインがNCAA初戦敗退に対し、ヒールドがFINAL4にチームを導いたことが評価された。

その他の主な表彰は下記の通り。

ボブ・クージーアワード(最優秀ポイントガード)
タイラー・ユリス ケンタッキー大2年

ジェリー・ウェストアワード(最優秀シューティングガード)
バディー・ヒールド オクラホマ大4年

ジュリアス・アービングアワード(最優秀スモールフォワード)
デンゼル・ヴァレンタイン ミシガン州立大4年

カール・マローンアワード(最優秀パワーフォワード)
ジョージズ・ニアン アイオワ州立大4年

カリーム・アブドゥルジャバーアワード(最優秀センター)
ジェイコブ・ポエルテル ユタ大2年

昨季はジェリーウェストアワードをディアンジェロ・ラッセルが、ジュリアス・アービングアワードをスタンリー・ジョンソンがそれぞれ1年生で受賞したが、今季は1年生での受賞者はいなかった。


コメント