ジョッシュ・ジャクソン、フランク・ジャクソンがMVPに。マクドナルドオールアメリカン2016。


全米中有望高校生を集めて開催されるオールスター戦、マクドナルドオールアメリカンが3月30日にシカゴのユナイテッドセンターで開催された。
有望選手24名がイースト、ウェストの2チームに分かれ行われたこの試合。
結果は114-107でウェストの勝利。
MVPには19得点を挙げたウェストのジョッシュ・ジャクソンと、3PTを5本成功させ、同じく19得点を挙げたウェストのフランク・ジャクソンが選出された。

その他の有望選手

敗退したイーストではデューク大進学予定のジェイソン・テイタムがチームトップの18得点、ケンタッキー大進学予定のバム・アデバヨも16得点12リバウンドでダブルダブルの活躍を見せた。
ウェストでは今年全米を最も沸かせた高校チーム、チノヒルズ高校のエースでUCLAに進学予定のロンゾ・ボールが無得点ながら、13アシストと両チーム最多アシストを決めた。

注目の進学先

有望選手の多くは既に進学先を決定しているが、まだ進学先を発表していない選手も中にはいる。
MVPを獲得したジョッシュ・ジャクソンもその1人。
進学候補としてはアリゾナ大、ミシガン州立大、カンザス大が挙げられている。
マクドナルドオールアメリカン出場選手の主な進学予定先としては、ケンタッキー大(4名進学予定)、デューク大(2名)、ミシガン州立大(2名)、UCLA(2名)となっている。

日本人選手八村塁が進学予定のゴンザガ大へも、211センチのセンター、ザック・コリンズが進学予定。

有望選手のリクルートでは、近年ケンタッキー大、デューク大が圧勝。
昨年のオールアメリカン出場選手からは3名がデューク大に進学、1名がケンタッキー大に進学した。

マクドナルドオールアメリカンと双璧とされているもう1つのオールスター戦、ジョーダンブランドクラシックは4月15日開催予定。




コメント