2016NBAドラフト:コンバインその2



連日続くドラフトコンバイン。
今年は有力選手が軒並み回避。
ベン・シモンズだけでなく、参加すると思われていたブランドン・イングラム、ジャマール・マレーもコンバインに参加せず。

身体測定には参加しても運動能力テストには参加しない選手も。
身体測定で好結果を残したバディー・ヒールドも運動能力テストは参加せず。
そんな中、運動能力テストで好結果を残した選手について。




ソン・メイカー

一時はドラフト1位指名候補とまで言われていたメイカー。
コンバイン前の評価では2巡目指名程度と評価は決して高くない。
身体測定でも良い数字の残したが、運動能力テストでも良い結果を残した。
垂直跳び(ステップ有)で92.7センチと7フッター近い選手としては非常に良い数字。
アジリティやレーンスプリントでも好結果を残し、跳べて走れるビッグマンとしてポテンシャルの高さを示した。
一方で身体の線の細さは懸念事項として残る。

チェイク・ディアロ

カンザス大の1年生PF。
身体測定では身長が202センチほどしかなかったものの、コンバイン参加選手中第2位225センチ近いウイングスパンで評価を上げた。
アジリティが素晴らしく、垂直跳び(ステップ有)も89センチと好成績。

ディミトリウス・ジャクソン

ノートルダム大のPG。
183センチとNBAのPGとしてはかなり小さい部類。
しかし、垂直跳び(ステップなし)95.25センチ、垂直跳び(ステップ有)110.5センチと驚異的な跳躍力を見せた。
彼の圧倒的な1対1の強さを支える爆発力を証明して見せた。

マーカス・ペイジ

NCAAトーナメント決勝でヴィラノバ大を最後まで追い詰めた原動力。
サイズは184センチとPGとしても十分ではないが、ウイングスパンは198.8センチと素晴らしい。
垂直跳び(ステップ有)100.3センチに加えて、アジリティ、スプリント、シャトルランの全てでコンバイン参加選手中トップクラスの成績を残した。
コンバイン前の評価では指名を受けるか微妙なラインであったが、間違いなくコンバインで評価を上げ、ドラフト指名に近づいた。
ウイングスパンと運動能力の高さは素晴らしいディフェンダーとしてのポテンシャルを示している。

コメント