マーキス・ボールデン、デューク大へ。デューク大、またも大物新入生を獲得。



近年反則的なリクルート続けるデューク大。
来季に向けて学年TOP3の内2人を獲得するなど、リクルートは絶好調。
2016入学のリクルートの評価はケンタッキー大に次ぐ全米2位。
そこに新たに学年トップクラスのセンターが加わることとなった。

新たにデューク入りが決定したのは全米NO2の評価を受けるマーキス・ボールデン。
マクドナルドオールアメリカン,ジョーダンブランドクラシックにも選出されている。
ボールデンは進学先として全米王者を狙えるチームを希望していた。



マーキス・ボールデン

身長(靴込):210.8cm
体重:113.4kg
ウイングスパン:228.6cm
スタンディングリーチ:285.8cm


ボールデンの魅力はウイングスパンとスタンディングリーチ。
この数字はNBAでもトップクラス。
インサイドの層が薄いデューク大。
リムプロテクトとリバウンドが期待できるボールデンはデューク大のニーズを満たす。
オフェンス面ではシュートエリアが狭く、技術も未熟だが、他のポジションにオールラウンドなプレイヤーが揃うデュークでは大して問題にならないだろう。

新入生を除き、戦力として計算できるインサイドは4年生シーズンを怪我で棒に振り、来季もデューク大でプレーするアミール・ジェファーソンと2年生となるチェイス・ジーターの2人のみ。
ガードには経験豊富な選手が揃うだけに、新入生のハリー・ジャイルスとボールデンのインサイドでの活躍に大きく期待がかかる。

まだまだ素材型の選手であるが、過去に多くの優秀な選手を輩出したコーチKの下でプレーすることは彼の成長においても正しい選択だったのではないだろうか。

今季のデュークのリクルートはポジションのバランスも良く、ボールデンの獲得で全米NO1のリクルートと言っても過言ではないだろう。


コメント