2016NBAドラフト:ゴール下のビースト、ジョエル・ボロンボーイ



オールスターガードダミアン・リラードの出身大学ウェバー州立大。
NCAAの中では無名校。
ウェバー州立大からリラードに続き、新たなNBA候補が出てきた。

4年生のジョエル・ボロンボーイ。
アスレティックでダンクを連発するパワーフォワード。


ジョエル・ボロンボーイ

ポジション:PF
身長(裸足):201.9cm
体重:101.6kg
体脂肪率:5.2%
ウイングスパン:217.8cm
スタンディングリーチ:262.9cm
垂直跳び(助走なし):95.3cm
垂直跳び(助走あり):102.9cm
最高到達点:365.8cm
レーンアジリティ:10.26sec
スプリント:3.17sec


比較対象:アーロン・ゴードン
ポジション:PF
身長(裸足):201.9cm
体重:99.8kg
体脂肪率:5.1%
ウイングスパン:212.7cm
スタンディングリーチ:266.7cm
垂直跳び(助走なし):82.6cm
垂直跳び(助走あり):99.1cm
最高到達点:365.8cm
レーンアジリティ:10.81sec
スプリント:3.27sec

現状1巡目後半から2巡目評価の選手。
アンダーサイズで身体能力の高いPF。
ドラフトコンバインでの数字は2014年ドラフトで4位指名を受けたアーロン・ゴードンと似ている。
NBAでの比較対象はアーロン・ゴードンやケネス・ファリード。
なんとなくケニオン・マーティンを思い出させるルックス。
3.4年時には3PTも打つ様になり、2年間共に成功率は36%越えとPFとしてシュートも上手い。
リバウンドは強いがリムプロテクターとしてはサイズ不足。
スキルはまだまだ未熟だが、シューティングなど光るものも持っている。

2巡目での指名が予想される。


コメント