2016NBAドラフト:ドラフトコンバインの勝者、チェイク・ディアロ。


ドラフト候補の評価を大きく左右するドラフトコンバイン。
評価を大きく上げる選手もいれば、評価を下げ大学へのリターンを決意する選手も。
その中で評価を上げてきたのが、カンザス大の1年生フォワード、チェイク・ディアロ。

身体測定、運動能力テスト、実戦形式の5対5の全てで好結果を残し、評価を上げた。
層の厚いカンザス大ではベンチ要因。
1試合平均出場時間7.5分3得点2.5リバウンドに過ぎなかった彼が、今や1巡目指名が予想されるまでになった。

チェイク・ディアロ

カンザス大の1年生パワーフォワード。
出身はマリ。
高校時代にはマクドナルドオールアメリカン、フープサミット、ジョーダンブランドクラシックに出場。
マクドナルドオールアメリカンでは18得点10リバウンドどMVPに選出された。

ドラフトコンバインでは

身長(裸足):201.9cm
体重:99.3kg
ウィングスパン:224.8cm
スタンディングリーチ:273.1cm
垂直跳び(助走なし):78.7cm
垂直跳び(助走あり):88.9cm
最高到達点:362cm
体脂肪率:5.6%

を記録。

実戦形式の5対5では、NBA候補の選手たちを相手に2試合平均22分の出場で
13.5得点7.0リバウンド3.0ブロック
を残した。
彼の身長はNBAのPFとしては、明らかにアンダーサイズ。
体重もまだまだ。
しかし、それらの問題を補って余りある、ウィングスパンとエネルギッシュなプレーはNBAレベルでも通用することを証明した。

今季、大学ではほとんど出場時間が与えられず、経験不足は否めない。
しかし、それは同時に彼の成長の余地はまだまだ計り知れないことも意味している。





コメント