八村塁、ゴンザガ大進学へ



高校バスケの名門校、明成高校出身のバスケットボール選手八村塁。
明成高校在学時には冬の全国選抜大会ウインターカップを3連覇し、世界中の有望選手が集まるジョーダンクラシックに招待されるなど、輝かしい功績をあげた。

卒業後は米国大学バスケの名門校ゴンザガ大への進学を希望していた。
ゴンザガ大入学に必要な要件を満たし、ゴンザガ大への進学が決定した。




ゴンザガ大ブルドッグス

今年もNCAAトーナメントSWEET16に残った名門校。
過去19回NCAAトーナメントに出場し、現在18年連続出場を継続している。
主な卒業生はNBAユタジャズで活躍したPGジョン・ストックトン。
現在もオースティン・デイ、ケリー・オリニク等がNBAで活躍している。

今季の新入生

八村と同級生になる今季の新入生は下記の通り。

ザック・コリンズ

身長211センチのセンター。
センターとしては全米TOP5に入る逸材。
マクドナルドオールアメリカンにも選出されている
インサイドでの強さは勿論、シュート範囲も広い。


ザック・ノーベル

身長193センチの左利きのシューティングガード。
デリック・ローズやジャバリ・パーカーを育てたシメオン高校出身。
アウトサイドのシュート力が非常に高く、1試合で14本の3ポイントを決めたこともある。


上記2名は全米有望高校生ランキングTOP100にランクインしている。
この2名に加え、フランス人パワーフォワードのキリアン・ティリエ、デンマーク人パワーフォワードのジェイコブ・ラーセンが入学する。

今季のチームからは4年生4名が卒業。
2年生のドマンタス・サボニスはNBAドラフトにアーリーエントリーし、1巡目上位から中位での指名が予想される。
今季2ケタ得点を挙げたチームのトップスコアラー4名の内、3名がチームを去る。

多くの主力が抜ける来季、八村の成長次第では1年生から多くの出場時間を獲得することも可能かもしれない。





コメント