2016NBAドラフト::指名順位確定。76ersが1位指名を引き当てる。


2016年6月23日に開催予定のNBAドラフト2016。
今季下位に低迷したチームにとって、ドラフトの指名順位はチーム再建に向けた生命線。
特に今季はベン・シモンズ、ブランドン・イングラムの2名が他の選手より圧倒的な好評化を得ており、2位以内の指名権を獲得し、この2名を指名できるかどうかどうかが成功の分かれ目。

5月17日に開催された指名順位抽選でフィラデルフィア76ersが1位指名権を獲得した。
この1位指名権で76ersはルイジアナ州立大1年生のベン・シモンズを獲得すると予想される。
ベン・シモンズはレブロン・ジェームズ以来のオールラウンダーと評されている逸材。

2位指名権はロサンゼルスレイカースが獲得。
レイカースはデューク大1年のブランドン・イングラムを指名することが濃厚。

その他のロッタリーピック指名順位は下記の通り。

ロッタリーピック

  1. フィラデルフィア76ers
  2. ロサンゼルスレイカース
  3. ボストンセルティックス ※2013年のKG等のトレードでブルックリンネッツから譲渡。
  4. フェニックスサンズ
  5. ミネソタティンバーウルブズ
  6. ニューオリンズペリカンズ
  7. デンバーナゲッツ ※2011年のカーメロ等のトレードによりニューヨークニックスから譲渡。
  8. サクラメントキングス
  9. トロントラプターズ ※2011年のトレードでデンバーナゲッツから譲渡。
  10. ミルウォーキーバックス
  11. オーランドマジック
  12. ユタジャズ
  13. フェニックスサンズ
  14. シカゴブルズ ※2016年のモリス等のトレードでワシントンウィザーズから譲渡。
1位指名権を持つ76ersはその他にも24位、26位指名権を持ち、チーム再建に向けて重要なドラフトとなる。
ボストンセルティックスも3位、16位、23位の指名権を持ち、エリートチームに定着するためにドラフトでの強化が可能。
フェニックスサンズ、デンバーナゲッツも同様に3つの1巡目指名権を持ち、ドラフトでのチーム再建にかける。


コメント