トルコの新星Omer Yurtseven、ノースカロライナ州立大にコミット。


メメット・オカ―、エネス・カンターなどのインサイドの選手をNBAに輩出してきたトルコ。
トルコから新たなインサイドの選手がNCAADIV1のノースカロライナ州立大にコミットした。
名前はOmer Yurtseven。
トルコのプロチームFenerbahceに所属するプロ選手。
2014年にはジョーダンブランドクラシックに招待され、2015年にはブルックリンネッツとのプレシーズンゲームに出場。15分18秒の出場で8得点7リバウンドを挙げた。
トルコのU-18カテゴリーの試合で1試合91得点28リバウンドを記録したモンスター。

Omer Yurtseven

class of 2016のトルコ人センターYurtseven。
2015年のユーロキャンプでの測定では裸足で身長208センチ、体重103.4キロ、スタンディングリーチ274.3センチを記録。
垂直跳び(ステップ有)は78.7センチ。

機動力、シュート力に優れ、リバウンダーとしても高いポテンシャルを持っている。
91得点を挙げた試合では3PTも5/11と3PTも打てる。
アップテンポで3PTを多投する近年のNBAの潮流にもフィットする。

ノースカロライナ州立大にコミットしたものの、プロ選手として報酬を受け取っていたため、NCAAがプレーを認めるかは未定。
トルコ出身の先輩で同じくFenerbahceに所属していたオクラホマシティ・サンダーのエネス・カンターは、NCAAからケンタッキー大でのプレーが認められなかった前例がある。
今季のノースカロライナ州立大は彼の他に全米TOPガードの1人であるデニス・スミスJRの入学も決定しており、Yurtsevenのプレーが認められれば、リクルート大成功。

Yurtsevenの入学次第でノースカロライナ州立大の今季の成績も大きく変わってくるだろう。





コメント