class of 2016:最後の5つ星選手ジャレット・アレン、テキサス大へ。



ESPNTOP100でセンターとしては1位、全体でも15位にランクされているジャレット・アレン。
マクドナルドオールアメリカンにも選出された逸材。
他の選手が続々と進学先を発表する中、沈黙を貫いてきたが遂に進学先を発表。

テキサス大とヒューストン大の2校が有力な進学先として、アレン獲得のバトルを数か月に渡り繰り広げてきた中、アレンはテキサス大ロングホーンズの1員となることを選択した。


ジャレット・アレン

ポジション:C
身長(靴込:209.6cm
体重:103kg
ウィングスパン:227.3cm
スタンディングリーチ:280.7cm
※2016フープサミットでの計測値


評価の高いセンターが少ないclass of 2016。
その中ではNO1の評価を受けるアレン。
サイズはセンターとしては小さめだが、ウイングスパンでサイズ不足をカバー。
ペイント外の器用さは無いが、インサイドの技術は身についている。
華奢な身体の割にはフィジカルコンタクト嫌がらずフィニッシュ出来る。
長さを活かしたリムプロテクトとリバウンドの高さは即戦力。

学年NO1センターとしてはスケールの小ささは否めない。
サイトによっては彼のポジションをPFとしている所もあるが、それほどの器用さは無さそう。
スタンディングリーチはNBAのCとしても申し分ない。
PFをこなせる程のシュートエリアが広がり、ハンドリングも向上すれば、評価は更に上がるだろう。
現時点での技術でもディフェンス面での貢献度は間違いなく大きく、実用性は高い選手ではないだろうか。

コメント