2016NBAドラフト:三角トレードでユタの指名権はアトランタへ。


ドラフト前に指名権が絡んだトレードが成立。

放出
アトランタ:ジェフ・ティーグ
ユタ:2016ドラフト12位指名権
インディアナ:ジョージ・ヒル

獲得
アトランタ:2016ドラフト12位指名権
ユタ:ジョージ・ヒル
インディアナ:ジェフ・ティーグ


オールスターガード、ティーグはインディアナへ

アトランタは12位の指名権と引き換えにティーグをインディアナへ放出。
オールスターガード放出の代償としては見返りは小さく見える。
しかし、アトランタには有望なガード、デニス・シュローダーがいる。
また、ティーグは自身のインスタグラムで昨シーズンは膝に故障を抱えながらプレーし、ストップもジャンプも困難であったことを明らかにしていた。(既にポスト削除済み)

今回のトレードはアトランタの主力である、アル・ホーフォードとケント・ベイズモアとの再契約を果たすためのロスター整理が目的と見られており、アトランタは更に指名権をトレードする可能性もあると言われている。

コメント