U-17世界選手権:ジェイレン・ホード、韓国戦で1試合41得点を記録。


6月23日に開幕したU-17世界選手権。
フランス対韓国の試合でフランスのフォワードのジェイレン・ホードがU-17世界選手権1試合得点記録に並ぶ41得点を記録。
これは2014年にオーストラリアのアイザック・ハンフリーズが残した記録と並んだ。

ホードはボスニアヘルツェコビナ戦でも23得点を記録。
現在平均32得点で、得点ランキング1位を独走している。

ジェイレン・ホード

ポジション:SF/SG
身長:202cm
体重:88.5kg



2015年にはジョーダンブランドクラシックのインターナショナルゲームにも出場。
この時、日本の八村塁と同じチームホワイトでプレー。
16点7リバウンド5スティールの活躍を見せ、アメリカでの知名度を上げた。

長い手足を持ち、ストライドの長いドライブが持ち味。
ドライブでインサイドに切り込み、今大会では1試合平均10本を超えるFTを獲得している。
外角のシュートはまだまだ成長の必要がある。

技術はまだまだ未熟だが、身体的にはNBAのウイングプレーヤーとして通用するモノを持っており、数年後にはドラフトにかかるかもしれない選手。


コメント