U-17世界選手権:ボスニア・ヘルツェゴビナのエース、ジャナン・ムサ。


2015年のU-16ヨーロッパ選手権で初優勝を果たしたボスニア・ヘルツェゴビナ。
そのエースで大会MVPにも輝いたのがジャナン・ムサ。

現在開催されているU-17世界選手権では、決勝トーナメント初戦でオーストラリアに3点差で敗れたものの、ムザ自身は34点を挙げる活躍を見せた。

2014年にクロアチアのCedevitaと契約。
既にユーロリーグでプレーするプロ選手であり、ユーロリーグ史上9番目の若さユーロリーグデビューを飾った選手でもある。

ジャナン・ムサ

ポジション:SF/SG/PG
身長(裸足):201.3cm
体重:84.8kg
ウイングスパン:203.8cm
スタンディングリーチ:265.4cm
垂直跳び(助走なし):64.8cm
垂直跳び(助走あり):80cm
※2015ユーロキャンプでの計測値

長所

・優れたハンドリングスキル
・広い視野とパッシングスキル
・広いシュートレンジ

短所

・キャッチアンドシュートが上手くない
・華奢な身体




U-17世界選手権において、4試合経過時点で平均30.3得点で得点ランキングぶっちぎりの1位。
特にFT獲得数は顕著で1試合平均15.8本のFTを獲得。
アグレッシブに得点を狙っていることが分かる。
ハンドリングが良く、ドライブからフィニッシュに持ち込むことが出来るため、FTの獲得数が非常に高い。

スコアラーとしての能力も去ることながら、視野が広くパッシングスキルも高いオールラウンダー。
サイズ、技術を兼ね備えたオールラウンダー。
U-17の登録ではポジションがPGとなっており、PGからSFまでこなす。
跳躍力は高くないが、まだ若く、筋力の成長と共にある程度の向上が期待できる。

ユーロらしいスキルの高い選手で、将来的にはNBAでの活躍が期待される。

コメント