U-17世界選手権:アメリカ代表3連勝で予選首位通過。4連覇に向け好発進。


現在スペインのサラゴサで開催されているU-17世界選手権。
過去3大会全てで優勝を収めているアメリカは予選ラウンドを3連勝で突破し、大会4連覇に向け順調なスタートを切った。

予選ラウンドでは、トルコ、エジプト、台湾の3か国と対戦し、平均得点102.3点、平均失点56点と圧倒的な強さを見せる。
台湾との対戦では119-45と74点差で快勝した。

スタッツリーダー

予選ラウンドでの各スタッツでのチームリーダーは下記の通り

平均得点 コリン・セクストン 16.5点


リバウンド ウェンデル・カーターjr 9.0リバウンド


アシスト  マーカス・ハワード 4.0アシスト



アメリカはほぼ全ての選手で出場時間をシェアしているため、突出したスタッツを挙げている選手はいない。
リバウンドリーダーのウェンデル・カーターjrに至っては、平均18.2分の出場時間で11.3得点9.0リバウンドとほぼダブルダブルの成績を残している。
7名の選手が平均2桁得点を挙げる、圧倒的なチーム力を見せつけている。

アメリカ代表は28日に決勝トーナメント初戦でアルゼンチン代表と対戦する。
アルゼンチン代表は今大会0勝3敗と低迷中。

コメント