2014年U-17世界選手権。日本代表と対戦したアメリカ代表選手の現在。

2014年U-17世界選手権。
日本代表は決勝トーナメント初戦でアメリカ代表と対戦。
38-122で手も足も出ずに大敗を喫したことは記憶にも新しい。

その時の日本代表の主力八村塁は今秋アメリカのゴンザガ大に進学する。
一方で当時アメリカ代表選手だった面々もそれぞれ進学、プロ入りを果たしている。
このアメリカ代表から2016NBAドラフトで2名が既にNBA入り。
当時のアメリカ代表チーム主力選手の進路についてまとめる。

背番号6 テレンス・ファーガソン

ポジション:SG/SF
学年:class of 2016
身長(靴込):200.7cm
体重:84.4kg
ウイングスパン:207.1cm
スタンディングリーチ:261.6cm



アリゾナ大進学予定だったが撤回。
大学進学せずに直接海外でプロに挑戦し、NBA入りを狙う。

背番号7 マリーク・ニューマン

ポジション:SG
学年:class of 2015
大学:カンザス大(転校規定により2017-2018からプレー可)
身長(裸足):188.6cm
体重:82.6kg
ウイングスパン:197.5cm
スタンディングリーチ:247.7cm
垂直跳び(助走なし):76.2cm
垂直跳び(助走あり):90.2cm
最高到達点:337.8cm


学年トップクラスのスコアリングガードで大会MVP受賞者。
大学でも1年目からの活躍が期待されたが、思った様な活躍が出来ず。
NBA入りを狙ったが評価が低く撤退。
カンザス大に転校し再起を誓う。

背番号9 ジョッシュ・ジャクソン

ポジション:SF/SG
学年:class of 2016
大学:カンザス大
身長(靴込):202.6cm
体重:92.1kg
ウイングスパン:207.6cm
スタンディングリーチ:251.5cm



学年TOP3の1人。
オールラウンドなウイング。
アメリカ代表では下級生ながらスターティングに名を連ねた。
カンザス大に進学予定で1年目からの活躍が期待されている。
既に2017年NBAドラフト上位指名が予想される。

背番号10 ジェイソン・テイタム

ポジション:SF
学年:class of 2016
大学:デューク大
身長(靴込):203.8cm
体重:92.5kg
ウイングスパン:210.8cm
スタンディングリーチ:270.5cm


学年TOP3の1人。
ゲータレード最優秀選手賞受賞者。
デューク大に進学予定。
彼もまた2017年ドラフト上位指名が予想される。

背番号11 ヘンリー・エレンソン

ポジション:PF/C
学年:class of 2015
大学:マーケット大
身長(裸足):208.3cm
体重:109.8kg
ウイングスパン:219.1cm
スタンディングリーチ:269.2cm




マーケット大に進学し、1年次からカンファレンスのファーストチーム、新人王を獲得する活躍。
2016NBAドラフトにアーリーエントリーし、1巡目18位でDETから指名を受けNBA入り。
シュートエリアの広いオールラウンドなPF。

背番号13 ハリー・ジャイルズ

ポジション:PF/C
学年:class of 2016
大学デューク大
身長(靴込):210.2cm
体重:100.7kg
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:276.9cm



学年TOP3の1人。
サイズ・能力・技術の3拍子揃ったPF。
高校での最終学年を怪我で丸々棒に振ったが、評価は揺るがず。
デューク大では1年次からの活躍が期待されており、2017NBAドラフトでの上位指名が予想される。

背番号14 アイヴァン・ラブ

ポジション:PF/C
学年:class of 2015
大学:カリフォルニア大
身長(裸足):205.1cm
体重:97.5kg
ウイングスパン:218.4cm
スタンディングリーチ:274.3cm



サイズと機動力に優れたPF。
カリフォルニア大に進学し、1年次から活躍。
ドラフトにエントリーすれば上位指名が予想されたが、更なる成長を求め大学に残留することを決めた。

背番号15 ダイアモンド・ストーン

ポジション:C
学年:class of 2015
大学:メリーランド大
身長(裸足):205.7cm
体重:115.2kg
ウイングスパン:220.3cm
スタンディングリーチ:270.5cm
垂直跳び(助走なし):68.6cm
垂直跳び(助走あり):74.8cm
最高到達点:345.4cm



圧倒的なパワーでゴール下に君臨した学年NO1のセンター。
大会ベスト5にも選出された。
メリーランド大では1年目からスターティングセンターとして活躍。
オーバーウェイトと機動力の低さから評価が上がらず、2巡目全体40位でLACから指名を受けNBA入り。



コメント