2016NBAドラフト1位指名ベン・シモンズ。高校時代のハイライト。

(theadvocate.com)
2016NBAドラフトで76ersから1位指名を受けたベン・シモンズ。
そのサイズとスキル、身体能力からレブロン・ジェームズ以来の逸材と注目が集まる。
大学でも1年生にして圧倒的な活躍を見せた。

ソフォモアでオーストラリアからアメリカに移り住んで以降その活躍は顕著で、所属したモントヴェルデアカデミーを3年連続全米制覇に導いた。
ネイスミス賞、ゲータレードプレイヤーオブザイヤーなど、高校での主要な賞レースを総なめにした。


ベン・シモンズ

生まれ: オーストラリア メルボルン生年月日: 1996年7月20日 (19歳)
大学: ルイジアナ州立大学
背番号: 25 (フォワード)
出身校:モントヴェルデアカデミー
大学:LSU Tigers
身長(裸足):205.7cm
体重:108.9kg
体脂肪率:7.9%
ウイングスパン:214cm
スタンディングリーチ:275.6cm
垂直跳び(助走なし):94cm
垂直跳び(助走あり):105.4cm
最高到達点:381cm
※大学公式ページより
成績:1試合平均 34.9min19.2ppg11.9rpg4.8ast0.8blk2.0stl3.1to
(2015-2016シーズン)

長所

・NBAでパワーフォワードまでこなせるサイズ
・ポイントガードの様なコートヴィジョンとパスの技術
・優れた機動力と身体能力
・素晴らしいボールハンドリング能力
・高いリバウンド能力


短所

・アウトサイドシュート

・アンセルフィッシュすぎるメンタル





改めて彼のプレーを見て感じるのはその身体能力の高さ。
高校年代でこれほどの機動力とサイズを兼ね備えるプレイヤーは稀有。
ハンドリングスキルにしてもパッシングスキルにしても、このサイズの選手としては驚異的の一言。
サイズと機動力を武器にしたドライブの破壊力は凄まじく、高校レベルでは正にアンストッパブルだった。

今後シューティングをどこまで改善し、シューティングエリアを広げることが出来るかが課題。
しかし、シューティングフォームが特におかしいということもなく、真面目に取り組めば改善が見込める。

近年低迷が続く76ersだが、シモンズの活躍による来季の復活に期待したい。



コメント