ベン・シモンズサマーリーグデビュー。大器の片鱗を見せつける。

(chatsports.com)

2016NBAドラフト全体1位で76ersに指名されたベン・シモンズ。
高校時代からレブロン・ジェームズ以来の逸材と評されてきた。

76ersの1員としてユタのサマーリーグにデビュー。
1試合目のBOS戦で脚を攣り途中退場したが、2戦目にも問題なく出場。
ここまで2試合の出場で
26分8.0点7.5リバウンド5.5アシスト
と数字こそ圧倒的では無いが、非凡な視野とセンスを感じさせるアシストをいくつも披露し、大器の片鱗を感じさせている。




ベン・シモンズ

大学:ルイジアナ州立大
ポジション:PF/SF
身長(裸足):205.7cm
体重:108.9kg
体脂肪率:7.9%
ウイングスパン:214cm
スタンディングリーチ:275.6cm
垂直跳び(助走なし):94cm
垂直跳び(助走あり):105.4cm
最高到達点:381cm






ここまでの2試合でFG23.5とシュート成功率こそ低迷しているが、卓越したハンドリングスキルとパスセンスを持ち、リバウンドからの速攻を何本も演出。
サイズ、機動力、ハンドリング、パスセンスを兼ね備えているため、自身でフィニッシャーにもアシストの供給者にもなれ、PFながらアップテンポなゲームを作り出すことが出来る逸材。
ドライブのキレも良く、ドライブからFTを獲得、ディフェンスを寄せてワイドオープンの選手へアシストを供給出来る。

パスセンスは既にNBAでトップクラス。
視野の広さを活かしたノールックパスも去ることながら、高い精度でピンポイントを通すパスの技術も恐ろしく高い。


得点のスタッツこそパッとしないが、プレーの節々に華があり、スーパースター候補に恥じないプレーを披露している。

コメント