2016EYBLピーチジャム:マイケル・ポーター、トレー・ヤングの両エースの活躍でMokan Eliteが全勝を維持。

(usatodayhss.com)

学年屈指のスコアラーのマイケル・ポーターJrと正統派PGで得点能力も兼ね備えるトレー・ヤングという2人の学年トップクラスの選手を擁するMokan Elite。
EYBLのプレーオフに当たるピーチジャムの予選ラウンドでの3試合全てで対戦相手に2桁差をつけての圧勝。

Team Takeoverとの試合では、前半は33-31と相手にリードを許すも後半だけで57得点を挙げる爆発的なオフェンス力で逆転し、72-88で勝利。
ポーター、ヤングの両エースの活躍でピーチジャムで全勝を維持しています。


マイケル・ポーターjr

ポジション:SF
学年:class of 2017
身長(靴込):204.5cm
体重:92.1kg
ウイングスパン:209.5cm

トレー・ヤング

ポジション:PG
学年:class of 2017
身長:186.7cm
体重:73.5kg
ウイングスパン:188cm



MOKAN ELITEはマイケル・ポーターJrが33点13リバウンド3アシスト、トレー・ヤングが17点3リバウンド9アシストとエース2人が期待通りの活躍。
前半はリードを許したものの、後半で圧倒し、Team Takeover相手に逆転勝利を収めました。

Team Takeoverのエースはクリス・ライクス。
170cm以下の低身長ながら、ESPNランキングで4つ星の評価を受ける好PG。
Mokan Elite戦でも26得点6アシストの活躍を見せましたが、ポーターとヤングが波に乗ったMokan Elite相手に勝利を挙げることは出来ませんでした。

Mokan Eliteはポーター、ヤングのダブルエースが好調を維持しており、EYBLのプレーオフである、ピーチジャムの予選ラウンドを全勝で終えることが期待されます。
ピーチジャム予選ラウンドの最終日に、Mokan Eliteはゲイリー・トレントjr要するHoward Pulley、トロイ・ブラウンjrとチャールズ・オバノンjr擁するLas Vegas Prospectsと対戦予定です。。

コメント