2016NBAドラフト2位指名ブランドン・イングラムの高校時代。

(kinston.com)

2016NBAドラフトでロサンゼルスレイカースから2位指名を受けたブランドン・イングラム。
名門デューク大では1年生から主力として活躍し、大きな注目を集めてきた。

彼の出身はノースカロライナ州キンストン。
人口は2万人程度の小さな町であるが、バスケットボール熱は非常に高く、元NBAオールスターであり、現トロントラプターズのアシスタントコーチであるジェリー・スタックハウスもキンストン出身として知られている。

イングラムは地元キンストン高校に通い、イングラムの所属した4年間キンストン高校は州大会4連覇を果たした。

ブランドン・イングラム

出身校:キンストン高校
大学: デューク大学
生年月日:1997年9月2日生
ポジション:SF
成績:1試合平均 34.6min 17.3ppg 6.8rpg 2.0ast 1.4blk 1.1stl 2.0to(2015-2016年シーズン)
身長(裸足):203.2cm
体重:88.9kg
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:278.1cm
※2015年フープサミット時の計測
受賞歴:セカンドチームオールACC(2016)
     ACCルーキーオブザイヤー(2016)






キンストンは非常に小さな町だったが、バスケットボールを学ぶ上では非常に優れた環境だったと言える。
イングラムの7歳年上の兄ドノヴァンもNCAADiv1のテキサス大アーリントン校でプレーしたバスケットボール選手。 
小学生の頃から兄やその友人たちとプレーし、スキルを磨いた。

イングラムの父ドナルドは、スタックハウスが大学入学前にピックアップゲームを通じて知り合い、それ以降親交を持っていた。
そのため、イングラムは高校入学前からスタックハウスがコーチを務めるAAUチームでプレーした。
スタックハウスは才能に溢れていたが、華奢でソフトだったイングラムをタフな選手に鍛え上げた。

小さな町キンストンで育ったイングラムは5つ星評価を受ける全米きっての有望高校生に成長し、マクドナルドオールアメリカンにも選出され、NBAのスーパースターであるケビン・デュラントに酷似したサイズ、ウイングスパンで全米中の注目を集める選手となった。

高校、大学と常に急激なスピードで成長を続けてきたイングラム。
NBAでも恐るべきスピードでスターに上り詰めたとしても驚くことはない。

参考:
Duke's Ingram excels thanks to Kinston roots
http://espn.go.com/mens-college-basketball/story/_/id/14508661/duke-blue-devils-brandon-ingram-excelling-kinston-roots

コメント