ブランドン・イングラム、サマーリーグデビューで攻守にわたる活躍。

(scoopnest.com)
2016NBAドラフトでロサンゼルスレイカースから全体2位で指名を受けたデューク大出身のSFブランドン・イングラム。
スーパースターケビン・デュラントに酷似する身体的特徴と柔らかなシュートタッチでレイカース再建の主役になることが期待されている逸材。

サマーリーグデビューとなる対ニューオーリンズペリカンズ戦では随所にポテンシャルの高さを覗かせるプレーを見せた。


ブランドン・イングラム

生年月日:(97年9月2日生)
ポジション:SF
出身高校:キンストン高校
出身大学: デューク大学
身長(裸足):203.2cm
体重:88.9kg
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:278.1cm

イングラム12得点2ブロックの活躍。



スタッツ:25分26秒12点4リバウンド1アシスト2ブロック1ターンオーバー
            FG5/9 3PT0/2 FT2/4

ファーストタッチでドライブからのフェイダウェイ気味のジャンパーを決めると、続くディフェンスでカバーからフローターをブロック。
攻守に活躍を見せた。
ハイライトは2Q残り1:50で見せたドライブ。
ヘジテーションでマッチアップのタイミングを外し、軽々とボースハンドダンクを決めて見せた。

ディフェンス面でのポテンシャルも非常に高く、2Q終了間際のディフェンスでは大学屈指のスピードを誇ったアンソニー・バーバーにマッチアップし、スピードに振り切られることなくディフェンスし、最後には手の長さを活かしたブロック。

懸念されたフィジカルの弱さだが、ドライブからコンタクトを嫌がらずにフィニッシュに行き、シュートは外したもののすぐさまオフェンスリバウンドから得点するなど、コンタクトに負けないアグレッシブな姿勢を見せた。

試合はディアンジェロ・ラッセルの20点11リバウンド6アシストの活躍もあり、レイカースが85-65でペリカンズに勝利した。

コメント