2016EYBLピーチジャム開幕、アメリカ代表同士の対決はゲイリー・トレントjrが勝利。



NIKE EYBLのプレーオフであるピーチジャムが開幕。
初日から白熱した試合が繰り広げられた。
LAS VEGAS PROSPECTSとHOWARD PULLEYの試合では、先日アメリカ代表としてU-17世界選手権を制したトロイ・ブラウンjrとゲイリー・トレントjrがマッチアップ。

ゲイリー・トレントjrの22得点13リバウンドの活躍でHOWARD PULLEYが68-55で勝利を収めた。



ゲイリー・トレントjr

ポジション:SG
身長(靴込):195.6cm
体重:92.1kg
ウイングスパン:203.2cm
スタンディングリーチ:254cm

トロイ・ブラウンjr

ポジション:PG/SG
身長(靴込):199.4cm
体重:92.1kg
ウイングスパン:208.3cm
スタンディングリーチ:264.2cm


ブラウンもチームハイの16点3アシストを記録したが、スコアラーであるチャールズ・オバノンjrの不調も響き、HOWARD PULLEYが勝利。
EYBLレギュラーシーズンMVPにも輝いたトレントに軍配が上がった。

その他の有望選手の活躍は下記の通り。

ディアンドレ・エイトン(CALIFORNIA SUPREME)

23得点10リバウンド4ブロックの安定した活躍。
75-56でALBANY CITY ROCKSに危なげなく勝利。

マイケル・ポーターjr(MOKAN ELITE )

28得点16リバウンド4アシストとオールラウンドに活躍。
3PT2/5と外角のシュートもまずまず。
SFながらリバウンドにも強さを見せる。
105-74でKING JAMESを圧倒した。

モハメド・バンバ(P4ROSCHOLARS ATHLETICS CARDINALS)

いずれもチームトップとなる21点14リバウンド6ブロックを記録。
ディフェンスの選手の印象が強いが、オフェンスでもFG9/12と効率的に数字を残した。
チームもNIKE SOUTH BEACHに89-79で勝利。

マービン・バグリーⅢ(PHOENIX PHAMILY)

18得点11リバウンド3ブロックの活躍を見せるも3PT0/4、FG4/17とシュートが絶不調。
FTは10/10で成功させるもチームも77-90でTEAM PENNYに敗北。

コメント