ベン・シモンズ対ブランドン・イングラム。ドラフトトップ2の対戦はブザービーターでレイカース勝利。

(yytrends.com)
2016NBAドラフトでトップ2指名を受けた76ersのベン・シモンズとLakersのブランドン・イングラム。
現地7月9日のサマーリーグで初対戦。

スタッツを見ると

シモンズ:8得点10リバウンド8アシスト3スティール2ブロック7ターンオーバー
イングラム:7得点4リバウンド1アシスト3ターンオーバー

とシモンズに軍配。
この試合でも圧倒的な視野の広さとパスの技術を見せつけた。
一方のイングラムも4Qのビハインドを追いかける場面で3本FGを成功させるなど、チームの逆転勝利に貢献した。



ベン・シモンズ


大学:ルイジアナ州立大
ポジション:PF/SF
身長(裸足):205.7cm
体重:108.9kg
体脂肪率:7.9%
ウイングスパン:214cm
スタンディングリーチ:275.6cm
垂直跳び(助走なし):94cm
垂直跳び(助走あり):105.4cm
最高到達点:381cm

ブランドン・イングラム


生年月日:(97年9月2日生)
ポジション:SF
出身高校:キンストン高校
出身大学: デューク大学
身長(裸足):203.2cm
体重:88.9kg
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:278.1cm







シモンズのドライブを警戒し、ディフェンスがシモンズに視線を向けるため、カッティングしてくるチームメイトに楽々アシストを供給。
3Q残り2分35秒近辺のプレーでは、ノールックで通したパスは、視野の広さとパスの技術の高さを感じさせる彼らしいプレーだった。

イングラムも試合全体ではシューティングが不調だったものの、逆転勝利につながる活躍。
4Q残り1分30秒近辺の1対1では、自身よりサイズで劣るディフェンス相手を振り切ることは出来なかったが、高さと長さを活かしディフェンスの上からシュートを決めた。

試合はシモンズの高校の先輩でもあるディアンジェロ・ラッセルが3PTのブザービーターを沈め、Lakersが逆転勝利を収めた。


コメント