ソン・メイカー、サマーリーグデビューは15得点13リバウンドのダブルダブル。

(jsonline.com)
2016NBAドラフト10位でミルウォーキーバックスで指名を受けたソン・メイカー。
ポテンシャルの高さは間違いなかったが、大学やプロでのプレー経験のない高卒選手であること、年齢詐称疑惑等から予想指名順位は1巡目後半から2巡目。
ドラフト当日に10位という高順位でバックスに指名されると会場はどよめいた。

実力を疑問視されていたメイカーだが、サマーリーグ初戦で15点13リバウンドのダブルダブル。
バックスのメイカー指名というギャンブルは成功を収めるかもしれない。


ソン・メイカー

ポジション:PF/C
身長(裸足):212.7cm(コンバイン参加選手中3位)
体重:98kg
体脂肪率:6.1%
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:280.7cm(コンバイン参加選手中2位)
垂直跳び(助走なし):81.3cm
垂直跳び(助走あり):92.7cm
最高到達点:373.4cm(コンバイン参加選手中1位)

サマーリーグデビューで15得点13リバウンド2ブロック


スタッツ:30分38秒15点13リバウンド2ブロック1スティール2ターンオーバー
            FG5/14 3PT0/4 FT5/7

実力を疑問視されていたメイカーだが、いきなりのダブルダブルでNBAレベルでも通用するポテンシャルの高さを見せた。
2Q残り5分15秒付近で見せた右45度のペリメーターからのバスケットカウントはインサイドの選手ながら高いシュート力を持つ彼らしいプレー。
ファールで得た1スローは外したものの、自らオフェンスリバウンドを奪い続けざまに得点を挙げた。

また機動力の高さも彼の大きな魅力。
オフェンスでは速攻の先頭を走り、ディフェンスではヘルプから2本のブロックショットを決めた。
身体が華奢でインサイドでの弱さも懸念されたが、13リバウンド(オフェンスリバウンド6本:ディフェンスリバウンド7本)とアグレッシブにリバウンドに飛び込んだ。

3PTを4本放つも成功は0とシューティングは不調だったが、今後の活躍に大いに期待できるデビューとなった。







コメント