兄の陰から脱却を図るソン・メイカーの弟、マトゥール・メイカー。

(bleacherreport.com)

2016NBAドラフトでMILから全体10位という高順位で指名を受けたビッグマン、ソン・メイカー。
ポテンシャルの高さは折り紙付きであったが、カレッジレベルでのプレー経験が無いことから、実力や将来性には懐疑的な目も向けられていた。
しかし、サマーリーグでは随所に大器の片鱗を見せ、その不安を払拭してみせた。

さて、メイカーには1つ下の弟がいることはご存じだろうか。
メイカーと同じ高校でプレーするビッグマン、マトゥール・メイカー。
兄同様ビッグマンらしからぬスキルセットを持つが、これまでは兄の陰に隠れ脚光を浴びることは決して多くは無かった。

兄がプロ入りした今、マトゥールの今シーズンのプレーにはこれまで以上の期待と注目が集まる。



マトゥール・メイカー




ポジション:PF/C
身長(裸足):209.6cm
体重:93kg
ウイングスパン:215.9cm
スタンディングリーチ:276.9cm

兄同様ビッグマンながらオールラウンドなスキルセットを持つ。
しかしながら、身体的ポテンシャル、スキル、身体の完成度、全てにおいて兄に及ばない。
兄が高校時代に5つ星の評価を受け、ランキング上位に位置付けれられていた一方でマトゥールはTOP100にもランクインしていない。

常に共にプレーしてきた兄はNBA入り。
兄の陰に隠れてきたマトゥールにとって今季は初めて主役に躍り出るシーズン。
粗削りだが、オールラウンドなスキルを持つ選手なだけに一躍ポテンシャルが開花する可能性もゼロではない。
現実的にはプロ入りのためには大学を経由する必要があるだろう。

進学先についてはまだ検討中とのことで、兄との繋がりが強いため、兄と共に生活できる範囲で大学を探すのではないかとの見方もある。
兄がサマーリーグで活躍したこともあり、マトゥールへの注目はこれまで以上に高まる。
その期待に応えるだけのプレーが出来るか、彼の真価が問われるシーズンとなる

コメント