ミシガン州立大がジャレン・ジャクソンを獲得。好リクルートを継続。

(freep.com)

昨年全米3位の評価を受けるリクルートに成功したミシガン州立大。
今年も早速U-17アメリカ代表でESPNで学年全体26位のフォワード、ジャレン・ジャクソンを獲得。
継続したリクルートの成功に向け、好発進を切った。

ジャクソンの父はジョージタウン大、NBAでのプレー経験を持つSGジャレン・ジャクソン。
1999年にはサンアントニオスパーズの一員として、NBAでの優勝も経験している。

ジャクソンはミシガン州立大の他、カンザス、ジョージタウン、メリーランド等二桁を超える大学からの勧誘を受けていた。



ジャレン・ジャクソン

ポジション:
身長(靴込):208.3cm
体重:102.1kg
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:278.1cm



ジャクソンの売りはアウトサイドのシュート力。
EYBLでは43.8%の成功率で1試合平均1.56本の3PTを成功させた。
スキルは発展途上なものの、リーチの高さにも恵まれ、ディフェンス面でも貢献度は高い。

所属校のLA LUMIEREは昨シーズンの全米NO1決定戦、DICK'S Sporting Goods High School National Tournamentで準優勝。
準決勝では強豪Montverdeにも勝利した。

ジャクソン家はバスケットのサラブレット一家で母もジョージタウン大の卒業。
現在はWNBAの選手会でオペレーションディレクターを務めている。

3PTを打てるPFは近年増加傾向にあるが、4割越えの成功率を持つトップ選手は希有。
プロレベルでも重宝されるプレイヤーになる可能性を秘めている。


コメント