レブロン息子、父に続いてチームを優勝に導く。

(foxsports.com)

CAVSを2016年のNBAチャンピオンに導いたNBAのスーパースター、レブロン・ジェームス。
自身3度目の優勝を飾り、名実共にNBAの歴史に残る偉大な選手の1人となった。

そのジェームスには3人の子供がいる。
長男のレブロン・ジェームスjrは現在小学5年生。
バスケットボールをプレーし、父親譲りの才能を発揮し、既に頭角を現し始め、今夏開催されたUSBA Boys National Championshipでチームを優勝に導いた。


レブロン・ジェームスjr

学年:class of 2024
生年月日:2004年10月6日


レブロンの息子レブロン・ジェームスjr。
NBAを制覇した父に負けじと彼も小学生の大会で優勝。
大会の出場チームは全米規模でこそないものの、ノースカロライナ、サウスカロライナ、オハイオ、インディアナ、メリーランドなど様々な州のチームが参加。
その中で所属するオハイオ州のチーム、ノースコーストブルーチップスを優勝に導いた。
小学5年生ながら父親譲りの視野の広さと身体能力で攻守に貢献した。

ちなみに小学生ながら既にデューク、ケンタッキーという超名門大学から奨学金のオファーを受けているというニュースも以前報道された。

今後父親レベルに体格が成長すれば、親子2代に渡ってNBAで活躍する日もくるかもしれない。


コメント