ウェストヴァージニア大がベイラー大を撃破。無敗を保つのはゴンザガ大のみに。


ここまで無敗を保ちランキング1位の座を掴んだベイラー大。
固いディフェンスを武器にオレゴン大、ミシガン州立大、ルイビル大などの強豪校を次々に抑え込んできた。

現地1月10日ベイラー大はウェストヴァージニア大(WVU)と対戦。
WVUは平均得点90得点を超える攻撃力を持ち、ランキング10位に位置する強豪。

前半からWVUがリードを奪うと、後半にWVUのオフェンスが爆発。
後半だけで50得点の猛攻を見せ89-68でベイラー大を攻略した。

ベイラー大の敗戦を受け、開幕からの無敗を維持するチームは八村塁の所属するゴンザガ大のみとなった。



現状のランキング

ベイラー大の敗戦がまだランキングに反映されていないので現状のランキングTOP10は下記の通り。


1 ベイラー大 15-0
2 カンザス大 14-1
3 ヴィラノバ大 15-1
4 UCLA 16-1
5 ゴンザガ大 15-0
6 ケンタッキー大 13-2
7 デューク大 14-2
8 クレイトン大 15-1
9 フロリダ州立大 15-1
10 ウェストヴァージニア大 13-2

大学名の後ろの数字は先週時点での勝敗数。
ベイラー大の敗戦を受け無敗を維持するのはゴンザガ大のみ。
既に負けを記録しながらゴンザガ大より上位にランクされるチームはランキング上位校との対戦が多いスケジュールを評価された結果。
ゴンザガ大のスケジュールはランキング上位校との試合が少なく、所属カンファレンスのWCCでランキングTOP25に入っているのはゴンザガ大を除くとセントメリーズ大のみ。

既にカンファレンスゲームが始まっており、カンファレンス内のライバルと呼べるチームの無いゴンザガ大はカンファレンスゲームを無敗で切り抜ける可能性も十分に考えられる。
他のランキング上位校は揃って強豪カンファレンス所属のチームであり、カンファレンスゲームで無敗を維持することは難しく、他校の成績によってはゴンザガ大がランキング1位にランクされたとしても全く不思議ではない。


コメント