ウッデン賞候補者がアップデートされました。

(kansascity.com)
UCLAを10度のNCAAトーナメント優勝に導いた、カレッジバスケットボール界伝説の名称、ジョン・ウッデン氏。
彼の名を取ったJohn R. Wooden Award(ウッデン賞)は、カレッジバスケットボールの最優秀選手に贈られる、カレッジバスケットボールで最も権威のある個人賞の1つです。

シーズン後半戦に向けて、ウッデン賞の候補者TOP20が発表され、フレッシュマンからは今季旋風を巻き起こしているトレー・ヤングを始め、5人が名を連ねました。


ウッデン賞候補TOP20

ディアンドレ・エイトン/アリゾナ大/フレッシュマン

マービン・バグリー/デューク大/フレッシュマン

モハメド・バンバ/テキサス大/フレッシュマン

ケイタ・ベイツ-ディオップ/オハイオ州立大/ジュニア

トレボン・ブルーイット/ゼイビア大/シニア

マイカル・ブリッジス/ビラノバ大/ジュニア

マイルス・ブリッジス/ミシガン州立大/ソフォモア

ジェイレン・ブランソン/ビラノバ大/ジュニア

ジェボン・カーター/ウェストヴァージニア大/シニア

カーセン・エドワーズ/パデュー大/ソフォモア

ビンセント・エドワーズ/パデュー大/シニア

キーナン・エバンス/テキサス工科大/シニア

マーカス・フォスター/クレイトン/シニア

デボンテ・グレアム/カンザス大/シニア

トレイ・ホルダー/アリゾナ州立大/シニア

ジョック・レンデール/セントメリーズ大/シニア

ルーク・メイ/ノースカロライナ大/ジュニア

コリン・セクストン/アラバマ/フレッシュマン

アロンゾ・トリアー/アリゾナ大/ジュニア

トレー・ヤング/オクラホマ大/フレッシュマン

シニアからは最多の8名が選出

学年分布を見ると、フレッシュマン5名、ソフォモア2名、ジュニア5名、シニア8名が選出されており、学年別ではシニアが最多。
トレー・ヤング、マービン・バグリー、ディアンドレ・エイトン等、今年のNBAドラフト上位候補のフレッシュマンに注目が集まりますが、カレッジバスケの主役はやはりシニア。
NCAAトーナメントに向けて、シニア達のチームを牽引する活躍により一層の期待が集まります。

シーズンここまでの各チームの成績を見ると、ビラノバ大が一歩抜けており、ジェイレン・ブランソンかマイカル・ブリッジスが選出されれば腑に落ちるなーという印象。
ちなみに過去2年はバディー・ヒールド(オクラホマ大)、フランク・メイソン(カンザス大)がウッデン賞を受賞しており、Big12カンファレンス所属の選手が2年連続で受賞中です。

コメント

人気の投稿