投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

NBAドラフト2019:NCAAトーナメントで歴史的なパフォーマンスを披露したパデュー大カーセン・エドワーズ

イメージ
Ready for the LEAGUE. @Cboogie_3 showed out at the #NBACombine. #Purdue / #ProBoilers 🚂 pic.twitter.com/3S6rzGpbuA — Purdue Basketball (@BoilerBall) 2019年5月21日
毎年のことながらNBAドラフトで高い評価を受けるのは、入学早々にインパクトやポテンシャルを見せたフレッシュマンがメイン。
とは言え、カレッジで着実に実力を付け、頭角を現した上級生もまた見逃せません。

今年のNCAAトーナメントで歴史的な活躍を見せたパデュー大のカーセン・エドワーズもそんな上級生の1人。高校時代はESPNランキングで学年88位と到底NBAを目指せる評価を受けていた選手ではありませんでした。
パデュー大入学後、いきなり出場時間を勝ち取るとフレッシュマンから35試合中21試合に先発出場。ソフォモアではジェリー・ウェスト賞受賞とカレッジを代表する選手に成長。

今年は名実共にカレッジのトップガードの1人としてNBAドラフトに臨みます。

NBAドラフト2019:タッコ・フォールの身体測定結果が規格外過ぎた件

イメージ
Tacko Fall is a force of nature 😳 pic.twitter.com/JgHsotKcwI — Bleacher Report (@BleacherReport) May 17, 2019 今年もNBAドラフトのコンバインの時期がやって参りました。勿論、コンバイン最大の楽しみといえば身体測定結果。注目選手は数多くいるわけですが、その中で身体測定においては今年一番の注目選手はセントラルフロリダ大のビッグマン、タッコ・フォールでしょう。

NCAAトーナメントではデューク大と対戦し、今年のドラフト1位指名の鉄板であるザイオン・ウィリアムソンを苦しめたフォール。ドラフトコンバインでの身体測定では、期待通りに規格外の結果を残してくれました。

NBAドラフト2019:ケンタッキー大のエリートウィング、ケルドン・ジョンソン

イメージ
It's his time. Keldon Johnson is officially staying in the NBA Draft and forgoing his remaining eligibility at Kentucky. There are few people who love this game as much as he does nor work as hard at it. We know he's got a long career ahead of him. Make us proud, KJ.#DreamBIGpic.twitter.com/vlQ9oomPCt — Kentucky Basketball (@KentuckyMBB) 2019年4月17日
強豪ケンタッキー大(UK)のウイングプレーヤー、ケルドン・ジョンソン。
名門Oak Hill Academy出身で、高校時代には高校3大オールスターゲームの全てに選出されたエリートプレーヤー。
いかにもUKが好きそうな選手だなと思っていたら、案の定UKに行き1年目から安定した活躍を見せてくれました。

そして当然のごとくone and doneでNBAドラフトえアーリーエントリー。
UKに行く選手の狙いはone and doneなので、ジョンソンにとってもチームにとっても予定通りのエントリーでしょう。

NBAドラフト2019:八村塁はドラフトコンバイン回避へ

イメージ
One glaring omission is Gonzaga's Rui Hachimura (#18 prospect ESPN Top 100) Obviously he declined an invite. Not all that different a situation I'm told than Domantas Sabonis (same agency, same college) doing the same in 2016. They reportedly want to keep things close to the vest https://t.co/TuyoWdHOyo — Jonathan Givony (@DraftExpress) 2019年5月8日
日本人初となるNBAドラフトでの1巡目指名が予想されるゴンザガ大の八村塁。
カレッジ屈指のフォワードとしてカンファレンスの最優秀選手賞、Consensus first-team All-American、Julius Erving Awardと数々の個人賞を受賞。

この度、NBAが今年のドラフトコンバイン参加者66名を発表。
ザイオン・ウィリアムソン、ジャー・モラント、R.J・バレット等、今年の注目選手が名を連ねる中、八村の名前はリストに無し。
八村のエージェントを務めるマネジメント会社のWassermanはゴンザガ大の先輩であるドマンタス・サボニスのエージェントも務め、サボニスも1巡目指名が有力視されながらコンバインを回避。
八村もサボニスと同様の戦略により、ドラフトコンバインを回避したとみられます。

class of 2020のR.J・ハンプトンがclass of 2019に学年変更

イメージ
Best 3 Years of my life, Little Elm will forever and always be home 🖤 Thank You. 14 Signing Out ✍🏾 pic.twitter.com/h0l9ZJ7BVD — 14 (@RjHampton14) 2019年4月30日
class of 2020のトップ選手の1人、R.J・ハンプトン。
U17USA代表として2018年のU17ワールドカップ優勝も経験した世代を代表するコンボガードです。
前々から学年変更が噂されてきたハンプトンですが、4月30日にclass of 2019への学年変更が公表されました。

また最終進学候補としてケンタッキー大、テキサス工科大、カンザス大、メンフィス大の4校の名前が挙げられています。
class of 2019に学年を上げても、ESPNランキングでは学年5位の高評価。
ハンプトン獲得に向け、リクルートのラストスパートが展開されそうです。

高校NO1ガードのコール・アンソニーはノースカロライナ大へ

イメージ
It’s official #goheels🐏 pic.twitter.com/iAJ2EYbnf1 — Cole Anthony (@The_ColeAnthony) 2019年4月23日
元NBAプレーヤーのグレッグ・アンソニーを父に持つOak Hill Academyのコール・アンソニー。
高校生にしてアメリカのバスケットボール専門誌"SLAM"の表紙も飾る等、高い注目を集める高校NO1ガードです。
勿論実力も折り紙付きで、McDonald's All-American、Jordan Brand Classicと出場した高校生年代の主要オールスターゲーム全てでMVPを獲得。

注目されたアンソニーの進路ですが、最終候補に残ったノースカロライナ大(UNC)、オレゴン大、ノートルダム大、ジョージタウン大の4校の中からアンソニーが選んだのは名門UNCでした。