投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

アンソニー・エドワーズがclass of 2020に学年変更

イメージ
Welcome to the class of 2019 Anthony Edwards pic.twitter.com/YcR7iwVOVq — Ballislife.com (@Ballislife) 2018年11月20日 ちょっと今更感のあるネタですが、class of 2020でTOP10に入るプレーヤーとして評価を受けていたHoly Spirit Prepのアンソニー・エドワーズがclass of 2019に学年変更をしています。

学年変更の結果、エドワーズはESPN、247Sportsのランキングで共に学年4位にランクイン。1つ上の学年に上がってなお、高い評価を得ています。

学年変更の結果気になるのが彼の進学先。有力候補としてはフロリダ州立大、ケンタッキー大、ジョージア大、ノースカロライナ大、ミシガン州立大が挙がっています。


ゴンザガ大がマウイインビテーショナル優勝!八村塁がMVPを受賞!

イメージ
WHAT. A. GAME! 😱

Gonzaga knocks off No. 1 Duke in the Maui Championship! 🏆 pic.twitter.com/EhVAbJYjfB — NCAA March Madness (@marchmadness) 2018年11月22日 八村塁の所属するAPランキング3位のゴンザガ大は、マウイインビテーショナル優勝をかけ、APランキング1位のデューク大と対戦。
今季のデューク大は来年のドラフトで上位指名が予想されるR.J・バレット、キャメロン・レディッシュ、ザイオン・ウィリアムソンのフレッシュマンBIG3を擁するスター軍団。
対するゴンザガ大は八村、ザック・ノーベル、ジョッシュ・パーキンス等、上級生の経験を強みとするチームです。

前半に高確率でシュートを決めたゴンザガ大が終始優位に試合を展開しますが、後半の終盤にデューク大がスターパワーで猛追。
粘るデューク大をゴンザガ大がチームディフェンスで抑え込み、89-87で勝利。
過去5回のマウイインビテーショナル出場で無敗を誇ったデューク大に、この大会で初めての黒星を付けました。
マウイインビテーショナル制覇を達成し、八村も個人として大会MVPを受賞しています。

ペニーの秘蔵っ子ジェームス・ワイズマンがメンフィス大にコミット

イメージ
The #1 Ranked Prospect James Wiseman has committed to Memphis! @BigTicket_JWpic.twitter.com/sPjF7CrQ6M — TIPTON EDITS 🏀 (@TiptonEdits) 2018年11月20日 class of 2019の中で学年NO1選手の評価を受けるビッグマンのジェームス・ワイズマン。恵まれたサイズとウイングスパンに加え、柔らかいシューティングタッチを備え、将来性が高く評価されている選手だ。

彼の最終進学先として候補に挙がっていたのは、カンザス大、メンフィス大、ケンタッキー大、フロリダ州立大、ヴァンダービルト大の5校。

その中からワイズマンが選んだのは、昨季の高校のコーチでもあるアンフェニー・ハーダウェイ(ペニー)がHCに就任したメンフィス大。ジェームス・ワイズマンはペニーの秘蔵っ子として、AAU、高校、大学でペニーの指導を受けることとなった。


八村塁が24得点!ゴンザガ大がアリゾナ大に勝利し、マウイインビテーショナル決勝に進出!

イメージ
Zags to the ‘ship!

No. 3 Gonzaga puts away Arizona, setting up a Maui Championship matchup with No. 1 Duke. 👀 pic.twitter.com/05ka7QX5wk — NCAA March Madness (@marchmadness) 2018年11月21日 八村塁擁するゴンザガ大は、マウイインビテーショナルの準決勝で強豪アリゾナ大と対戦。
前半はゴンザガ大のTOが目立ち、アリゾナ大にリードを許しましたが、八村とザック・ノーベルの活躍で後半に逆転。
91-74で勝利し、見事決勝にコマを進めました。

決勝戦の相手はR.J・バレット、ザイオン・ウィリアムソン、キャメロン・レディッシュのフレッシュマンBIG3を擁するデューク大。
来年のドラフトで上位指名を予想される選手達と、八村のマッチアップにも注目が集まります。

ボル・ボルがインサイドを支配し、オレゴン大がシラキュース大に勝利

イメージ
Oregon bounces back to take down No. 15 Syracuse in MSG! 🦆 pic.twitter.com/1YcHT85hS6 — NCAA March Madness (@marchmadness) November 16, 2018 2K Empire Classicの3位決定戦でオレゴン大とシラキュース大が激突。
前日にはオレゴン大はアイオワ大に、シラキュース大はコネチカット大に敗戦しており、連敗を避けたい両校にとって負けられない一戦となりました。

この試合でオレゴン大のフレッシュマン、ボル・ボルがインサイドを支配。
26得点9リバウンド4ブロックで攻守に活躍を見せ、オレゴン大の80-65での勝利に貢献しました。

シラキュース大は、エースのタイアス・バトルが17得点と奮起しましたが、2枚看板の1人オーシェー・ブリセットがFG成功率2/12の11得点と沈黙。
痛い連敗を喫しました。

八村塁が18得点7リバウンド!ゴンザガ大の開幕3連勝に貢献

イメージ
Snack attack in the Kennel! Zach Norvell Jr. scores 22 in Gonzaga's 94-71 win over Texas A&M! Full recap: https://t.co/qVL5dBvYVS#UnitedWeZagpic.twitter.com/QMhvIWxL4c — Gonzaga Basketball (@ZagMBB) November 16, 2018 日本人選手の八村塁が所属するゴンザガ大は、シーズン3戦目でテキサスA&M大と対戦。
ゴンザガ大は次週からは、ハワイのマウイ島で開催されるマウイインビテーショナルに参戦予定。
マウイインビテーショナルには、デューク大やオーバーン大、アリゾナ大等の有力校が目白押しで注目度の高いトーナメント。
ゴンザガ大が決勝まで勝ち上がれば、有力フレッシュマンを擁し、現在APランキング1位のデューク大との対戦の可能性もあり注目が高まります。

大事なトーナメントを前に、ゴンザガ大は94-71でテキサスA&M大に快勝。
八村も18得点7リバウンドでゴンザガ大の勝利に貢献しています。

LSU対メンフィス大、注目校同士の対戦はLSUに軍配

イメージ
The Tigers are 3-0‼️ pic.twitter.com/EnKvkqPliA — LSU Basketball (@LSUBasketball) 2018年11月14日
有望フレッシュマンの獲得に成功したルイジアナ州立大(LSU)とペニー・ハーダウェイがHCに就任したメンフィス大。
今季の注目校同士の対戦は、どちらも譲らぬ好ゲームとなりましたが、LSUのスカイラー・メイズの19得点の活躍で、LSUが85-76で勝利。
メンフィス大もフレッシュマンガードのタイラー・ハリスが20得点の活躍を見せるも一歩及ばず。

注目のフレッシュマン、LSUのナズ・リードはファールトラブルで出場時間が限られたましたが、同じくフレッシュマンのエミット・ウィリアムスとジャボンテ・スマートが奮起。
ウィリアムスが11得点10リバウンド、スマートが13得点3スティールの活躍を見せています。


ザイオン・ウィリアムソンが26得点16リバウンド6ブロック!!デューク大が開幕2連勝

イメージ
FINAL: 94-72 🔵😈 #DukeWinspic.twitter.com/PO2wwAeQQg — Duke Basketball (@DukeMBB) 2018年11月11日
開幕戦でケンタッキー大に大勝したデューク大。
デューク大のHCであるコーチKの母校、アーミーをホームに迎えての開幕2戦目。

立ち上がりからアーミーは徹底したディフェンスでデューク大の速攻とドライブを抑え、オフェンスでも機動力を活かし早い展開でデューク大のディフェンスを切り裂きます。
アーミーの流れの中、イマイチ勢いに乗ることの出来ないデューク大でしたが、ザイオン・ウィリアムソンが爆発し、前半だけで21得点。

後半に入り、R.J・バレットとキャメロン・レディッシュも勢いに乗り始めると、アーミーは成す術無し。
デューク大が94-72で開幕2連勝を飾りました。


注目フレッシュマンのデビュー戦結果まとめ

イメージ
🇺🇸, say 👋 to @RjBarrett6.

33 points, 6 dimes. 13-26 FG. pic.twitter.com/b0YE4sNtBv — Duke Basketball (@DukeMBB) 2018年11月7日 カレッジも開幕したので、注目フレッシュマンのデビュー戦結果でもまとめてみようと思います。
今年のフレッシュマンは、スケールの大きな選手が揃った昨季のフレッシュマンと比較すると小粒の様にも見えますが、スキルの高い即戦力揃い。

デューク大のフレッシュマンデビュー戦得点記録を更新したR.J・バレットを筆頭に、多くのフレッシュマンがデビュー戦から活躍を披露してくれています。


LSUがナズ・リードの活躍で開幕2連勝を飾る

イメージ
The Tigers are 2-0 😤

📄 https://t.co/wzMmJEEvIUpic.twitter.com/QXbwbCjM81 — LSU Basketball (@LSUBasketball) 2018年11月10日 昨季フレッシュマンながら活躍を見せたPGのトレモント・ウォーターズに加え、ナズ・リード、エミット・ウィリアムス、ジャボンテ・スマート等の有望フレッシュマンの獲得に成功し、今季の注目チームの1つとなったルイジアナ州立大(LSU)。

プレシーズンランキングでも全米23位にランクされるLSUは、開幕2戦目でUNCグリーンズボロと対戦。
リードが29得点7リバウンド、ウォーターズが21得点10アシスト6スティールの活躍でチームを牽引。
97-91で開幕2連勝を飾りました。

RJ・バレットが33得点!デューク大が開幕戦でケンタッキー大を粉砕

イメージ
This @DukeMBB team is SCARY! 😳 pic.twitter.com/I22ufhPE8F — NCAA March Madness (@marchmadness) 2018年11月7日 遂にカレッジバスケットボールが開幕!!
開幕戦で最大の注目カードの1つとなったのが、スーパーフレッシュマン擁するデューク大と、カレッジきってのスター軍団であるケンタッキー大(UK)の対戦です。

激戦が予想されたカードでしたが、結果は118-84でデューク大が大勝。
試合開始から高い集中力を保ったデューク大の前に、UKは浮足立ち、予想以上の点差となりました。

この試合でデューク大のエース、RJ・バレットが33得点4リバウンド6アシスト、ザイオン・ウィリアムソンが28得点7リバウンド、キャメロン・レディッシュが22得点4アシストの活躍を見せています。

UKでは、フレッシュマンのケルドン・ジョンソンが23得点、スタンフォード大からの転校生リード・トラビスが22得点と気を吐きました。



ノースカロライナ大がエキシビジョン初戦で快勝

イメージ
FINAL |

Carolina Victory!

🏀🐏 pic.twitter.com/Wsiu9Q3PEs — Carolina Basketball (@UNC_Basketball) 2018年11月3日 今季のカレッジバスケは、デューク大のフレッシュマン達に注目が集まりますが、デューク大の最大のライバル、ノースカロライナ大(UNC)も有望なフレッシュマンの獲得に成功。
今季も強力なライバルとして、若いデューク大の前に立ちはだかります。

UNCもマウントオリーブ大とエキシビジョンを敢行。
選手層の厚さを披露し、107-64で快勝しています。

ラメロ・ボールはまだまだ終わらない

イメージ
JBA USA makes their Debut tomorrow in Denmark vs. the Svendborg Rabbits. You don’t want to miss the first time this team plays together, tune into JBA Facebook 8:00 AM PST tomorrow morning to watch LIVE! #JBA#NewBallEra@bigballerbrand#JBAWorldTour#JBAUSApic.twitter.com/7DgPzCNUVF — JBA (@bbbjbaleague) 2018年9月22日
ボール三兄弟の末弟、ラメロ・ボール。
既に高校を退学し、プロ選手としてJBA(父ラバー・ボールの創設のプロリーグ)でプレーしています。

もし、高校でプレーを続けていれば、この秋から最上級生になっていたラメロ。
下級生の頃にその名を全米に轟かせたそのセンスは今も健在。
NCAAからのNBA入りという、王道からは外れてしまいましたが、ラメロが今もNBA入りの可能性を持つエキサイティングなプレーヤーであることは間違いありません。