投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

マック・マクランがアイバーソンの持つヴァージニア州のシーズン得点記録を更新。

イメージ
Proud of this kid. Broke the record of one of his childhood hoop heroes. The emotion shows the respect for being mentioned with any great at any time of your life. Can’t read into things too much. Kid has heart and the game to match. Keep grinding @McclungMac . #LoadedFam#Hoyaspic.twitter.com/yj9Hc9CXHi — Trey Mines (@T_Mines5) 2018年2月22日 ヴァージニア州のGate City High Schoolでプレーする、シニアのマック・マクラン。
高校屈指のダンカーとして、今季は多くのハイライトを残した注目のプレーヤーです。

マクランは2月21日の対Lebanon High School戦で41得点を記録し、アレン・アイバーソンが保持していた、ヴァージニア州のシーズン得点記録を更新。
マクランはシーズン終了後にアイバーソンの出身校であるジョージタウン大への進学を予定。
NBAのレジェンドであり、カレッジの先輩でもあるアイバーソンの記録を更新し、卒業後のカレッジでの活躍にも期待が高まります。

NBAドラフト2018:やっぱりシニアは捨てがたい ウイング編

イメージ
先日のPG編に続いて、今回はウイング編。
ドラフトで上位指名を受ける様な選手はいませんが、高い得点能力、ゲームコントロール力を備えるオールラウンドに完成度の高い選手が揃います。

今年はウイングに目玉となる選手がいないので、ウイングを必要とするチームは、2巡目で実力派のシニアを狙いに行くのも有りではないでしょうか。
※最初はSGとSFに分ける予定でしたが、ポジションの区別が曖昧なので、ウイングで一括りにしました。

NBAドラフト2018:やっぱりシニアは捨てがたい PG編

イメージ
ポテンシャル買いの場であるNBAドラフト。
上位指名を受ける選手はフレッシュマンばかりです。

しかし、カレッジバスケットボールの主役はやっぱり最上級生のシニア。
ポテンシャル重視のフレッシュマンに対し、完成されたパッケージのシニア達は、即戦力を求めるチームにとっては重要な補強となり得ます。

上位指名のフレッシュマンだけでなく、実力派のシニア達も要チェックです。

ウッデン賞候補者がアップデートされました。

イメージ
UCLAを10度のNCAAトーナメント優勝に導いた、カレッジバスケットボール界伝説の名称、ジョン・ウッデン氏。
彼の名を取ったJohn R. Wooden Award(ウッデン賞)は、カレッジバスケットボールの最優秀選手に贈られる、カレッジバスケットボールで最も権威のある個人賞の1つです。

シーズン後半戦に向けて、ウッデン賞の候補者TOP20が発表され、フレッシュマンからは今季旋風を巻き起こしているトレー・ヤングを始め、5人が名を連ねました。