投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

ラプターズで開幕スタメンの座を射止めたルーキー、パスカル・シアカム。

イメージ
昨季は球団史上最多の56勝を挙げプレーオフでもカンファレンスファイナルに出場。
今や押しも押されぬイースタンの強豪となったトロント・ラプターズ。
そのラプターズの開幕スタメンの座を射止めたのが、今年のドラフトでラプターズから1巡目27位指名を受けたルーキー、パスカル・シアカム。

ジャレッド・サリンジャーの負傷もあり、開幕からスターティングで起用され、22分の出場で4得点9リバウンドを獲得。
出場時間を見れば、ベンチ出場のパトリック・パターソンがより大きな出場時間を得ているが、強豪チームのローテーションの一角を担っている。

父はNBAプレーヤー。高校バスケで活躍中のNBA2世選手まとめ。

イメージ
身長や身体能力といった遺伝的特質が大きく競技に左右するバスケットボール。
日本の野球界にも多くの2世選手がおり、華々しい活躍を出来ていない一方で、バスケ界では2世選手が活躍。

NBAでもクレイ・トンプソンやステファン・カリー等多くの2世選手が活躍している。
NBA史に残るセンター、シャキール・オニールの息子やCBSで解説者を務めるグレッグ・アンソニーの息子等が高い評価を得ている。

class of 2018:マヌート・ボルの息子、ボル・ボルから漂う大器の予感。

イメージ
230センチを超える長身で2度もNBAのブロック王に輝いたマヌート・ボール。
キャリア平均は3.3ブロックで、ルーキーイヤーには1シーズン平均5.0ブロックという驚異的な数字を叩き出した。

その息子でclass of 2018のPFボル・ボル。
身長は父ほどでは無いが、父親譲りのウイングスパンとリーチの高さを誇り、ESPNでは学年34位、247sportsでは学年12位にランキングされる。
強豪カンザス大からリクルートを受けており、今後の成長に期待がかかる。



class of 2020:身長165センチのスーパーガード、ジュリアン・ニューマン。

イメージ
(VIDEO) Born Ready EP3: Julian Newman "The Killer" https://t.co/R4fOFvFZaDpic.twitter.com/14XCEk8x8q — Ballislife.com (@Ballislife) August 22, 2016 先日、中学生のバスケットボールに特化したウェブサイトMiddle School Hoopsがclass of 2020からclass of 2024までを対象にキャンプを開催した。そこで一躍注目を集めた選手の1人が先日紹介したclass of 2020のカイリー・ウォーカー。ウォーカーはclass of 2020の選手ながら既にスキル、身体共に大人顔負けのスーパープレーヤーだ。

そのウォーカー擁するチーム相手に、ウォーカーを上回るパフォーマンスを見せ、チームを勝利に導いたのがウォーカーと同学年のガード、ジュリアン・ニューマンだ。身長僅か165センチの選手が何と52得点を記録し、ウォーカーを打ち負かした。

NBAよりハイクオリティ?!カレッジバスケのプロモーションビデオ。

イメージ
さて私の趣味であるバスケ関連の動画漁り。
最近は特にカレッジ関連のものをよく見ている。
大学の動画とはいえ、クオリティはプロスポーツに劣らない。
正直に言えば、日本のプロスポーツより遥かに出来がいい。

各大学の公式サイトの動画からそうでないモノまで様々だが、今回は個人的なお気に入り動画のまとめ。
Youtubeに公式のチャンネルを持つ大学も多く、皆さんも是非お気に入りの動画を探してみてほしい。

NCAAプレシーズンランキング:デューク大が1位を獲得。ケンタッキー大、カンザス大が続く。八村塁所属のゴンザガ大は11位にランクイン。

イメージ
ESPNがカレッジバスケのプレシーズンランキングを更新。
1位には変わらずデューク大がランクイン。
昨季経験を積んだ上級生と全米トップクラスのフレッシュマンが並ぶラインナップは選手層で他の大学を圧倒する。

2位には有望フレッシュマンを獲得したケンタッキー大、昨季もトーナメント優勝候補に挙げられたカンザス大が続いた。


2016-2017カレッジシーズン開幕目前。注目選手・有力ルーキーまとめACC編。

イメージ
NCAAで最も大きな注目を集めるカンファレンスであるACC。
実力も抜きんでており、今年のNCAAトーナメントには7チームが出場。
ELITE8に4校、FiNAL4に2校が進出と抜きんでた成績を残した。

今年もプレシーズンランキングではデューク大が全米1位、ヴァージニア大が5位、ノースカロライナ大が6位とシーズン開幕前が期待が高く、カレッジバスケの中心であることは間違いない。
デューク大を始め各校に注目のフレッシュマンが多く、来年のNBAドラフトでも中心となるカンファレンス。

class of 2020:脅威のフレッシュマン、カイリー・ウォーカー。

イメージ
最近SNS上で話題の新9年生カイリー・ウォーカー。 そのルックスもプレーも14,5歳の子供とは思えない成熟度。 スキル、身体能力に恵まれ、プレーのスケールは将来のNBAスター。 ビッグマウスでもあり、twitterでは自身を“Golden child”と表現。
1年目から高校バスケで活躍することは間違いなく、今後数年間は高校バスケの話題の中心となるプレーヤー。