class of 2018:マヌート・ボルの息子、ボル・ボルから漂う大器の予感。

230センチを超える長身で2度もNBAのブロック王に輝いたマヌート・ボール。
キャリア平均は3.3ブロックで、ルーキーイヤーには1シーズン平均5.0ブロックという驚異的な数字を叩き出した。

その息子でclass of 2018のPFボル・ボル。
身長は父ほどでは無いが、父親譲りのウイングスパンとリーチの高さを誇り、ESPNでは学年34位、247sportsでは学年12位にランキングされる。
強豪カンザス大からリクルートを受けており、今後の成長に期待がかかる。



ボル・ボル

学年:class of 2018
ポジション:PF/C
身長(靴込):218.4cm
体重:93kg
ウイングスパン:233.7cm


まず、ボル・ボルで注目したいのが昨年からの身体的成長。
昨年の夏の時点では

身長(裸足):209.6cm
体重:80.7kg
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:289.6cm
垂直跳び(助走なし):57.2cm
垂直跳び(助走あり):83.8cm

身長は裸足の状態と靴を履いた状態の違いがあるため、単純に比較は出来ないが、靴の厚さを考慮しても5センチ以上は伸びているだろう。
ウイングスパンに関しては12センチ以上も成長している。
まだまだ華奢だが、体重も10kg以上増加している。

今年のスタンディングリーチの数字は無いが、もし今回の数字が正確ならば、ボルのスタンディングリーチは3m近い可能性も。
昨年の時点で助走ありの垂直飛びが83.8センチとジャンプ力もそこそこ。

彼のリーチを考えれば、最高到達点が380センチを超えても不思議ではなく、機動力も考慮すると父親クラスのブロッカーになる可能性も秘めている。

参考までに昨季のNBAのブロックリーダー、ハッサン・ホワイトサイドのドラフトコンバインでの数字は

身長(裸足):209.6cm
体重:103kg
ウイングスパン:231.1cm
スタンディングリーチ:287cm
垂直跳び:80cm
最高到達点:367cm

数字だけで見れば、ボル・ボルのポテンシャルはホワイトサイドに劣らない。

オフェンス面ではまだまだスキルが洗練されているとは言い難いが、ハンドリングも向上しており、器用さを見せる。
今年の11月で17歳とまだまだ身体も成長中。
爆発力やクイックネスはそこまで高くないので、まずは身体作りから始め、インサイドでプレーできるパワーを身に付けることが重要課題。

親子2代でのNBAブロック王獲得もあり得るかもしれない。

コメント